ダイソーで買える誕生日グッズで超おすすめ!宙に浮くバルーンが楽しすぎる!

スポンサーリンク

家族や友人の誕生日がある時って、飾り付けやちょっとしたサプライズが出来ないものかって悩みますよね。

そんな時は、ダイソーに行くといいですよ。
最近はなかなかのパーティーグッズの品揃えですから。

定番の部屋の飾り付けアイテムやケーキにさせるデコレーションロウソク、
クラッカーなどなども揃ってますから、ひとまずダイソーに行けばバッチリなんですが、

そんな中でも、これは子供の誕生日会でも、大人の誕生日会でも、
あったら驚くな、喜ばれるなというアイテムが実は売ってます。

それがこれ↓

ダイソーの誕生日用バルーン

そう、ヘリウムガスで浮くバルーン(風船)です。

「え?でもヘリウムガスはどこで手に入れるの?」と思いますよね。

ヘリウムガス缶なんて売り場に見当たらないですし、
私もどうするんだこれ・・と思ったのですが、

なんとダイソーで有料(1個につき108円)でヘリウムガスを入れてくれます!

というわけで、持ち帰り方法なども含めて、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ダイソーの誕生日用、パーティー用グッズのバルーンがすごい!

これ、大きさが縦35cm、横35cmくらいあり、
何種類か他にもあります。(他のは直径40cmとかもっと大きかったです)

ダイソーのパーティー用ヘリウムガスバルーン

結構大きいですから、2つ以上ヘリウムガスを入れて持ち帰るとなると
車が必要になりそうですし、一人だとかさばって結構きついです。

1個なら、徒歩や自転車でも全然一人で持ち帰れますよ。

お友達のお誕生日会にこれを持って行ったら、
確実に喜ばれますね。みんなこういう浮く物とかは好きですからね。

ダイソー全店に置いてるわけじゃない

実はこのバルーン、ダイソーの全店で売ってるわけではないんです。
店舗によっては置いてなかったりします。

この紐付きの浮かして楽しむタイプのバルーンは
ヘリウムガスを置いてるダイソーでしか基本売ってないです。

例えば、当方も家の近くのダイソーでは、
このタイプのバルーンは置いておらず、

駅近くのダイソーでは売っており、
ヘリウムガス充填サービスも備えてありました。

ダイソーでヘリウムガスはどうやって買うの?

ヘリウムガスがある店は、レジ近くに、おっきなボンベが置いてあります。

レジに商品を持っていって、お金を払う時に、
「これにガスを入れて欲しいんですけど」と言えば、

「ガス充填に1個108円かかりますが、よろしいですか?」と聞かれますので、
それで「はい」と言えば、支払い後にスタッフがパッケージを開けて充填してくれます。

ヘリウムガスをレジで充填してくれる

ヘリウムガスを小さな缶とかで売ってはいないので、
その場で充填していくしかヘリウムガスをゲットする方法はありません。

ちなみに、声が変わるヘリウムガスってあるじゃないですか、
あれって別物らしくて、あれを充填しても浮かないらしいです。

そもそもどうやって浮くバルーンを持ち帰るの?

え、でも、充填してもらったバルーンをふわふわ浮かせながら、
大人が外歩いて持ち帰るとか、
なんか目立ってめっちゃ恥ずかしいんだけど・・

と持ち帰り方に困りますよね(笑)。

大丈夫です。

店員さんが「袋に入れて持ち帰りますか?」と聞いてくれて、
袋に入れてくれます。

ダイソーでヘリウムガス充填したバルーン

こんな感じに。

あと、もともと重しが付いてるので、飛んでいってしまう心配はないです。
手を離せば重しのおかげで、そのまま地面にゆっくり落ちますし、
普通に持ち歩く時も浮いてはきません。

ダイソーのバルーンに重しが付属してる

まあ、結構大きいので、自転車で持ち帰る場合なんかは、
小さいかごだと入らないと思いますから、
かごの上に乗っけながら持ち帰る感じになります。

洋服を買う時にもらうような大きな紙袋や布袋を容易しておくと、
持ち帰る時に、どっかに引っ掛けて風船に穴を開けてしまったりという心配も軽減出来ていいですね。

このバルーン結構丈夫です。

ポテトチップスが入ってる袋のような素材!?なので、
普通の風船と違って、パンと割れる心配もないですし、
ポンポンとパンチしたりして遊んでも、全然破れたりせず余裕です。

ちなみに先程も言いましたが、
このバルーンのヘリウムガスと、声が変わるヘリウムガスって別物なので、
決してこのバルーンの中身のガスを声が変わると思って吸わないように気をつけてくださいね。下手すると病院送りです。

誕生日以外のパーティーでも活用できる

ちなみに、今回買ったのは、Happy Birthdayと書かれたものですが、

他にも、ビール型のものや、
「好き」「おめでとう」などと書かれたタイプも売ってましたから、
誕生日以外のイベントでも使えそうですね。

というわけで、本体+ヘリウムガス充填のセットで、たった218円で買えちゃうので、
2つ買っても、436円と、かなりコスパも優れたアイテムだと思います。

ヘリウムガスがだんだん抜けてきたらどうする?

ヘリウムバルーン1週間後

これ、購入から1週間後の写真です。まだしっかり中身入ってますし、
そんなにしわしわにならずに元気に浮いてます。

ヘリウムガスは微量ながら徐々に抜けていきますから、
日が経つにつれて、バルーンがだんだん萎んで情けない見た目になっていきます。

ちなみに、バルーン補充用のヘリウムガス缶も売ってますが、

店舗で買っても、オンラインで買っても送料込みで、
11L缶が1本1200円くらいします。

ちなみに11L缶で直径30cmx厚み10cm程度がギリギリ膨らませる程度の量ですから、
ぺったんこの状態でダイソーのバルーンを膨らますとなると、
このヘリウムガス缶が少なくとも2本は必要になります。

補充用としても、1200円は流石に高いので、
ダイソーで買い直すのが一番安上がりだと思います。

まぁ、ダイソーで買ったバルーンなら、
萎んだバルーンを持っていって108円払えば、
またヘリウムガス補充してもらう事はできるでしょう。

あまりにも早く萎んでしまったり、浮きが悪い場合などは
無料で補充してくれたという記事も見かけました。

(レシートを取っておく事をおすすめします。)

バルーン自体もへたってくるでしょうから、
だったら216円払って、買い直すのが、
なんだかんだコスパいいかもしれません。

ちなみに、この風船屋さんがやってる方法を使って、寿命延長するのもありです!(実証済み)

実際、私の場合も、2週間近く経つと、へたってきたので、
息を吹き込んでみた所、見事に復活。

それを何度も繰り返して1ヶ月経ちますが、
それでもヘリウムガスの内容量が多いため、
ちゃんと宙に浮いています。

この方法はお金かからないですし、長持ちしてエコですね(笑)。

壊れてまた子供が欲しがっても、この値段なら気軽に買ってあげる事も出来ますよね。

ぜひ、あなたの家の近くのダイソーにも置いてないか、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク