薄型灯油ポンプから灯油が漏れるのを直した。これでまだまだ現役!

スポンサーリンク

以前、灯油を石油ファンヒーターに給油する際には、薄型ポンプを使った方が絶対いいですよとオススメした記事を書いた事があります。

灯油缶を置く場所と臭い、こぼれ対策!買ってはダメなタイプも。
冬のストーブやファンヒーターに必要な灯油。 これ、置く場所に困りますよね。 というわけで、灯油缶の保管場所や臭い対策、こぼれ対策を紹...

その薄型のポンプとはこれです。

同型のはこれです↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三宅化学 電動灯油ポンプ 直付けオートストップ式
価格:1814円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

ただ、このポンプを購入した人のレビューを見ると分かるのですが、
「灯油が根本から漏れ始めた!」という意見が多いんです。

実際、私も去年2ヶ月ほど使っていた頃に、根本からポタポタ漏れ始めました(汗)。

この根本のホースとの接続部分。もともと構造的に弱いようで、普通に使っていたのですが、ここから徐々にポタポタと灯油が漏れるようになってしまいました。

じゃあ、このメーカーのポンプだけがダメで、他のメーカーなら大丈夫なのかというと、これがそうでもなくて、どのメーカーの薄型ポンプも大体1シーズンで壊れて、毎年買い替えているという意見が多かったんです(汗)。

私はこの超薄型で、ベランダボックスにも付けっぱなしで収納出来るのがすごく気に入っているので、使い続けたいと思いましたが、ポタポタと漏れ続けるのを使い続けたくないですし、

ただ漏れると分かっているものを毎年買い換えるのもしゃくです。

しかし、Amazonのレビューで、この漏れをバッチリ直して数年間使い続けているという猛者もいたので、私も試してみた所、バッチリ漏れが止まりましたので、メモとしてその方法を書いていきたいと思います。

*真似される場合は、自己責任でお願い致します。
真似された結果、破損や事故が起きても当サイトでは責任を負いかねます。

スポンサーリンク

エポキシ系接着剤で直った!

以前、プラスチック用ボンドでこの接続部分を接着した事があるのですが、
数日後にはまた漏れてしまいました。いまいち密閉性が微妙だったのと、
接着剤のくっつきが悪かったようです。

このボンドを綺麗に剥がした後、Amazonのレビューで紹介されていたエポキシ系接着剤を使ってみました。

私が買ったのはダイソーで売っている「強力接着剤 エポキシ2液混合タイプ」という接着剤です。もちろん価格は100円(税込み108円)です。

まず、この2液を厚紙などの上に同量出して、ヘラでよく混ぜます。
混ぜたら、さきほどの接続部分、少し引っ張ると隙間が出来るので、その隙間にヘラで接着剤を流し込むように塗っていきます。

接着剤はシャンプーのようなドロドロのゆるい液なので、ヘラでちょこちょこ付けていくだけでも隙間に流れ込んでいきます。

ぐるり1周隙間なく接着剤を付けていきます。固まるまで10分以上かかるので、丁寧にやる時間が十分あります。ぐるり1周隙間なく接着剤を流し込めたら、ギュッと両サイドから押して、隙間をしっかり閉じます。

画像のように、外側をコーティングするようにたっぷり盛ります。
漏れる隙間など微塵もないように、しっかりぐるり1周まんべんなく接着剤を盛っていきます。

この接着剤、固まった後は、プラスチックのように硬化しますので、なかなか良いです。

後は、そのまま1日放置します。一応15分位で固まりますが、
念のために、中までしっかり硬化するまで1日は放置した方が良いなと感じました。
固まりきる前に灯油がかかってしまうと劣化してしまう可能性もありますので。

そんなわけで硬化後、さっそく灯油を給油してみました。

去年の3月に使ってから、今年の10月まで半年ほど放置していましたが、
電池(単3電池4本)を新しいのに変えると、しっかりモーターは回りました。

なんの問題もなく、給油は始まり、自動ストップ機能でちゃんと停止。
漏れもありません。

これで我が家では2シーズン目もこの給油ポンプが活躍してくれそうです。

すぐ漏れ始めた場合は、交換してもらうのもあり!

結局我が家では、エポキシ系接着剤で修理する事で、2シーズン目もこの薄型給油ポンプを使う事が出来てますが、

1シーズン目で液漏れがすぐに発生してしまった場合は、発売元に問い合わせて、不良品として交換してもらうのもありです。

大抵の販売元では1年間の製品保証が付いてますから、
購入時にレシートと台紙などを捨ててなければ、そこから問い合わせて、交換してもらう事ができると思います。

ただ、この手の商品は大体1シーズンでどっかしら壊れてしまうものが多いですね(汗)。
なので、修理して2シーズン、3シーズン位は乗り切りたいものです。

なんだかんだで、この薄型給油ポンプはやはり一番汚れず、楽です。

というのも、ずっと給油ポンプを付けっぱなしにしておけるので、他の棒状のポンプのように、いちいち灯油缶から取り外して、その度に灯油がポタポタ垂れて掃除っていう手間がないんですね。(まあ、他の灯油缶に付け替える時は、ホースからどうしても垂れますけど)

そして、なによりベランダボックスに収納する際、薄型なので、そのままボックスの蓋が閉まるというのも、すごく良い所です。

さて、果たしていつまで長持ちするか、また追記したいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三宅化学 電動灯油ポンプ 直付けオートストップ式
価格:1814円(税込、送料無料) (2016/10/19時点)

*追記*

引き続き繰り返し使っていますが、全く漏れてません。
劣化などもなく、自動ポンプもちゃんと止まって、新品同様絶好調に動いてくれてます。

スポンサーリンク