なぜドロゴンはジョンではなく玉座を火炎で焼いたのか?GOT最終回

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ最終章最終回。(ネタバレ含みます)

唯一生き残ったドラゴンであるドロゴン。

ドロゴンは剣がささって動かなくなったデナーリスを見て、
怒りと哀しみで咆哮すると、

そこにいたジョンスノウを睨みつけ、

ドラカリス(火炎)を口から吐き出しますが、

その火炎によって焼かれたのは、ジョンではなく、
その横に佇む鉄の玉座の方でした。

ドラカリスによって、鉄の玉座は跡形もなく
ドロドロに溶かされてしまうわけですが、

なぜ、ドロゴンは、デナーリスを殺したジョンを焼かずに
鉄の玉座(アイアンスローン)を焼いて、飛び去ったのでしょう。

スポンサーリンク

ドロゴンがジョンスノウを焼かずに鉄の玉座を焼いた理由

これは、私の推測になりますが、
デナーリスの胸に刺さった剣を見て、

剣の集合体である鉄の玉座がデナーリスを殺したとドロゴンは考えたのではと考察してます。

ドラゴンには、いまいち剣という定義が分からなかったでしょうし、
デナーリスの胸に刺さる物体がある。その物体の集合体みたいな奴がすぐ横にいる。
あいつがデナーリスを殺したのか、許せん!みたいな感覚だったのかと。

ドロゴンは、ジョンがデナーリスを刺したシーンを見たわけでもないですし、
デナーリスの元に行く途中、門番代わりになってたドロゴンがジョンの通行を許可したわけで、ドロゴン自身もジョンを信用しています。

そういう意味では、ジョンが殺したと思わなかった。ドロゴンはジョンがデナーリスを剣の魔物から助けられなかったと考えたのかもしれません。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク