【なんでタイ人と国際結婚 Vol.53】ゲイ男の部屋にて。。

オーストラリアに自分探しの旅に出た冴えないフリーターのYが、
なんだか知らんけど未知の生物であったタイ人女Cと出会い、国際結婚に!
そこから起業してフリーター貧乏生活から脱出するノンフィクション・ドキュメンタリーを綴っていく、国際恋愛戦記 Vol.53。(Vol.52はこちら) <Vol.1はこっち>

Y氏との同棲は出来ないと言っておきながら、親友のゲイ男と同棲生活を始めるチェリー。
この意味不明女に振り回されるのはもうこりごり!?2人はどうなるのか?!


数日後、私はチェリーに呼び出されてゲイ男の部屋に来ていた。

ゲイ男「あら~Y氏。久しぶりね♪大丈夫よ。チェリーに手出したりしてないから。私、男にしか興味ないのよ。私はこれから仕事に行くから、ゆっくりしてってねぇん。」

ベッドに目をやると、そこにドヤ顔でふてぶてしく肘を付いて横たわっているチェリー。
まるで女王様気取りだ。それともあれか、寝仏の真似か?く~、ムカつく~。



ゲイ男の部屋にて。。

ゲイ男が去ると、チェリーはカバンを漁り出した。

チェリー「Y、これ、あなたの。」

と言って、セーターを取り出した。
お土産らしい。それを私に着せるチェリー。

チェリー「うん、似合ってるわ!ふふ♪」
と言って、飛びつくと、いきなり激しいキスをしてきた。。

ぬ、ぬお。。久しぶりの女体。。
ソファーでチェリーの胸やあそこに思わずタッチするY氏。

Y氏我慢ならん(爆)。

Y氏「な、なんだよ、ここでやっちまうのか?」

チェリー「さ、さすがにダメよ。ゲイ男に見られたらどうするのよ!」

うーん、そういえば、Y氏の知人にも、友達に居候させたら、ある日その友達が人んちで彼女と合体してて、ブチ切れて追い出したという話を聞いた事がある。。うん、やめよう。。

ゲイ男を怒らせて、ゲイ男+マッチョゲイ仲間に掘られたら、たまったもんではない(爆)。

タイ人 国際結婚 ゲイ男

チェリーを説得

さて、冷静に戻って、チェリーとちゃんと話をしよう。

Y氏「お前さ、やっぱりおかしいと思わねぇか?俺との同棲はダメで、ゲイとの同棲はOKってよ?お前ら、同じベッドで寝てるんだろ?それを許してる彼氏ってすごくね?マジですごくね?」

チェリー「ゲイ男は気を使って、地べたに布団敷いて寝てるわ。私は一緒のベッドでも構わないって言ってるんだけど、それはダメだって。」

Y氏「いや、そういう問題じゃなくて(汗)、そもそも、お前、親に同棲していいか聞くとか言ってたけど、聞いたわけ?」

チェリー「(汗)・・・いや・・・それが・・・なかなか言いだせなくて・・・」

Y氏「ま、そんな事だとは分かってたけど。にしても、お前が俺と同棲出来ない理由は、親とスカイプとかする時にバレるって理由だったよな?で、ゲイと一つ屋根の下なのはバレなくて、なんで俺と一つ屋根の下だとバレるわけ?意味わかんないんだけど。。」

チェリー「うーん、そうなのよね~、うーん(汗)」

やや、自分が意味不明な行動をしてる事を理解してきた模様のチェリー氏。。

Y氏「お前さ、俺の気持ち分かる?例えばさ、じゃあ俺がレズの一人暮らしの女の家で、一緒に暮らして、一緒に同じベッドで寝て、お前はそれを許せるわけ?」

チェリー「無理です。。それは勘弁してください。。。」

Y氏「で、これからどうするわけ?ずっとゲイ男と一緒に住むわけ?それとも俺と同棲するの?」

チェリー「はい。。Yと同棲する。。。」

ある意味、チェリーもゲイ男の部屋で寝泊まりしてる中で、実際、親とのスカイプでその状況がバレてないので、Y氏と同棲してもいいかという覚悟が出来たっぽい。

逆にシェアハウスにまた住まれてたら、状況は変わらなかったかもしれない。
そう、この意味不明な状況だからこそ、チェリーを説得できたのだ。

これはある意味ゲイ男に感謝せねばなのかも!?

次回、チェリーと部屋探し。ついに同棲生活開始!?
しかし、そこでもトラブル連発!?この2人を待ち受ける試練とは。。続きはVol.54で!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク