ゲーム・オブ・スローンズ最終章第3話レビュー:絶対に部屋を真っ暗にして見ろ!

スポンサーリンク

注意:ネタバレあり。

さてさて、ついにゲーム・オブ・スローンズ最終章(シーズン8)の第3話が公開となりました。

いつもは1時間ですが、今回だけは、約1時間半ありました。

前回第2話で、今まさにホワイトウォーカー達との戦いが始まらんという場面で
終わったので、今回はもちろん、そのホワイトウォーカー戦です。

というかですね、まず見るなら、部屋を真っ暗にして見てください。
カーテンからの木漏れ日すら許しては行けません。

なぜか?

夜戦なんで、画面が暗いです(汗)。

日差しとかあると、画面に光が反射して、すげー見づらいです。

というわけで、ネタバレを含んだレビューを書いていきます。

スポンサーリンク

ゲーム・オブ・スローンズ8 第3話だけで1本のノンストップゾンビ映画!

えーとですね、お茶とかコーヒー飲みながら、もしくはご飯食べながら、見ようなんて考えない事です。

無理です。

私もお茶を入れたんですがね、そのお茶、一滴も飲んでる暇なかった(笑)。完全に冷めてた。

画面から1秒たりとも目をそらしている暇などないくらい、
怒涛の絶望的な戦闘シーンが、ただたた1時間半続きます。

というか、普通ゾンビ映画でも、途中途中休憩的なシーンがあって、
実際の戦闘シーンなんて短いじゃないですか。

いや、1時間半ずーーーと、ゾンビと戦闘シーンだから(爆)。

というか、本当にどっと疲れる。あ~1日の体力全部使い果たした~ってくらい疲れる(爆)。

逆に言うと、倒しても倒しても無限に出てくるホワイトウォーカー達と戦って、
どんどん絶望していく彼らの気持ちを共有できる感覚。

彼らが疲弊し、そしてもうだめだ。これはマジで無理だわ・・という絶望感や疲労感が
見てるこっちにもシンクロして伝わってくるような作りになってんのがすごいなと。

よくこんな長時間戦闘シーンだけを描き続けられたなと感動する。

はっきり言って、今回の第3話だけを、
1本の映画として放映してもなんの問題もないくらいの濃厚な合戦映画になってました。

赤い魔女メリサンドル様が本領発揮じゃ~!

赤い魔女メリサンドル

さて、ジョン・スノウを蘇らせてからは、
ほとんど姿を見せなかった赤い魔女のメリサンドル。

いや~、やっぱり不死の軍勢とかいうファンタジー野郎相手には
魔法使いの力無くして勝てないっしょ!というわけで、
メリサンドル様がここでついに登場!

ドラゴンに負けず、ハガレンのマスタング中将も真っ青の
炎の魔法でウィンターフェルの窮地を救い、大活躍!

いや~、なんかメリサンドルが動くたびに、「おぉ~!」とどよめく展開になって、
すごく良かったです。

全てはこの日のために、メリサンドルという魔法使いがシーズン2からいたんだなと。

でも、本日のMVPはメリサンドルじゃないんだよなぁ。
メリサンドルがMVPでもいいんだけど、やっぱりね、MVPはおまえだ!

アリア、お前がMVPだ!お前が主役だ!

アリア、おまえがナンバー1だ!!

なんか、今回の戦闘で無双するのは、みんなジョンだと思ってるわけですよ。
ジョンが一人で無双して、次々とホワイトウォーカー達をなぎ倒して、
ナイトキングもジョンがあの剣で倒すんだろ?って。

ジョンは役立たずでした(爆)

いや~、まさかの展開。ジョンさんが、意外と空気だったという(爆)。

そして、そのダメダメだったジョンさんとは違って、
矢で遠方からは仲間を援護し、
例のジェンドリーに作ってもらった新武器で無双しまくりつつ、

そして、最後は暗殺スキル発動!!

というアリアさんが完全にMVPでした。

「痛みに耐えて、よく頑張った!感動した!」

完全に「これもうホワイトウォーカーの勝ちやん。終わりやん。」という絶望の中で、

アリアが師匠(ダンス剣士)に言われた言葉の「死神に何を告げる?今日ではない」を呟いて、
戦況を一変させるアリア。もう本当に震えました。

魔女の予言から、アリアがサーセイを殺る!?

ちなみに、メリサンドルは、過去アリアと会った時に、

「茶色の目と、青い目と、緑の目を消し去る事になるわ」と告げています。

アリアは現在、

茶色の目=ウォルダー・フレイ(アリアの兄ロブや母を罠に嵌めて殺したじいさん)

青い目= ホワイトウォーカーの王、ナイトキング

を予言通り抹殺しました。

となると、残る緑の目は・・

サーセイではないかというわけです。

ヤバイです。楽しみ過ぎます!

ナイトキングに炎が効かないだと?ブラン暗殺の武器の皮肉

いやあ、私はね、例えば、デナーリスとナイトキングがお互いドラゴンに乗って、炎を打ち合えば、デナーリスは燃えないんだから、ナイトキング速攻で倒せるやん!って思ってたわけですよ。

だがしかーし!

ナイトキングが燃えないだと~~(汗)

ほんと、絶望した。

しかも、この戦いで死んだ死体をまた兵にできるナイトキング、
完全にチート過ぎるわけですよ。

しかも、地下に眠る死体=つまりリアナスターク!?まで
蘇らせちゃって・・

完全にナイトキング軍の圧勝という絶望しかない展開で、
これもうダメじゃん。ブラン殺されちゃうじゃん(泣)っていう展開で
このナイトキングを打ち破った武器がまさかのあの武器。

シーズン1でブランを暗殺しに来た奴が持ってたヴァリリアン鋼の短剣。
(元の持ち主はリトルフィンガー)

あの短剣なわけですよ。

なんか、ブランを暗殺するための短剣が最後にブランを救うっていう皮肉がね。
もういろいろやっぱゲーム・オブ・スローンズってすげーなーって思う所です。

死んでしまった者たち・・

ここでは具体的な名前は避けますが、
やはりこれだけの戦い・・

お気に入りキャラ達も、散っていきます。

まぁ、いつも弱いのに最前線に出ちゃって、でもラッキーで生き残り続けてるサムは、
やっぱり生き残ったけど(笑)。

ただ、今回死んだキャラ達も、役目をちゃんと果たして死んでいったという感はあります。

「いや、メリサンドルに生き返らせてもらえばいいやん!」とか思ったけど、
それも無理です。

だって、メリサンドルさんも役目を終えちゃいましたからね・・

ドラゴンと、ゴーストが心配

最前線でホワイトウォーカーに突っ込んでいってたジョンのダイアウルフのゴースト。結局生き残れたのかの描写がなかったので心配ですね。

また、ジョンが乗ってたドラゴンも生き残れたのかが心配な所です。

少なくとも、デナーリスが乗ってたドラゴン1頭は生き残ったので、
あと残り3話で起こるであろう、サーセイとの戦いでも、デナーリスは戦えそうです。

というわけで、残る所あと3話となりました。

サンサとデナーリスは、ここから協調できるのか!?
そのカギはティリオンが握ってそうです。

そして玉座を巡るラストバトルが始まる。

最後まで目が離せませんね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク