XRPの送金が反映されないTransaction not foundの対処法

スポンサーリンク

XRPを送金すると、通常は2秒後にはちゃんと相手方に届いて反映されます。

でも、待てども全然反映されないって時もあります。

トランザクションを確認すると、Transaction not foundと出て、

「ひー!ロストしたんか!?」と冷や汗ものに・・

私も、ちょうどLedgerNanoウォレットからXRPを送金する際、うっかり手数料(fee)を計算に入れないで全額送金した所、反映されずハマったのですが、その場合、XRP送金を取り消すというか、上書きする事で解消する事ができました。

スポンサーリンク

XRP(リップル)の送金が反映されない時の対処法

*この方法を真似る場合は、自己責任でお願い致します。

たぶん、あなたの送金が即着金しない理由は、手数料を払ってないからかもしれません。

XRPを送る場合は、最低でも、0.00001xrpの手数料(network fee)を払う必要があります。

例えば、私のLedgerLiveの画面なのですが、ウォレット内に4560xrpしか入ってないのにも関わらず、4560xrp全部を送金額として記入して、送金した所、時計マークが出て、グレーアウトした状態になってしまい、待てどもお届け先に着金しませんでした。

でも、この状態の場合、実はまだウォレットの残高は送金前と同じ。つまりまだウォレット内にお金は残ってる状態なんです。

というわけで、じゃあここからどうすればいいのかというと、
もう一回今度は、ちゃんと手数料を加味した額を送金すれば、このpending(未確認)状態の送金は上書きされます。

同じ宛先でも、違う宛先でも、いいので、もう一回送金処理をやってみましょう。

今度は、Network fees分を引いた、4559.99999XRPを送金し直してみました。
すると今度は見事に2秒後にちゃんとお届けされました!

そして、先程の取引履歴が消えて、今の取引履歴に上書きされました。

というわけで、XRPの送金がPending(unconfirmed)状態の場合は、もう一回手数料額を加味した額を送り直してみたり、別の宛先に送金し直したりしてみる事で、そっちが優先され、Pendingの送金を取り消しさせる事が可能なんですね。勉強になりました。

ていうか、LedgerLive側も、手数料分が足りませんって送金前に出ないの、これおかしいでしょ(汗)。って思いました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク