MRIって一瞬で終わると思ってる?実体験してみた結果。。放置プレイ!!

スポンサーリンク

先日、パソコンの使いすぎなのか、肩が痛いので(マウス肩って奴ですね)、整形外科に行ってきました。

レントゲンをパッと取ってもらったんですが、特に骨には異常はないとの事で、「じゃあ、一応、ヘルニアになってないかのチェックも兼ねてMRIも撮ります?」と言われた。。

え?MRIってあれでしょ。脳腫瘍とか探す奴。寝っ転がって、輪っかが通過するあの馬鹿でかい機械。これね↓

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

まあ、痛みの原因追求しておきたかったので、「はい、やります。」という事になり、MRIの予約をした。

渡された紙の注意書きを読むと「検査には30分位かかりますので、トイレには先に行っておいてください」と書いてある。

はて、検査に30分ってどういう事なんだろうと。例えば、レントゲンだったら、本当に一瞬パチっと写真を撮るように終わるじゃないですか。MRIもそうやってぱっと輪っかが体の上を通過して、スキャナーみたいにスキャンして一瞬で終わると思ってたわけなんですが、実際に受けたら、意外すぎる展開になりました(笑)。

スポンサーリンク

MRIは一瞬では終わらない!

まず、MRIは磁気が発生してるらしいんで、金属類は取り外します。例えば、私の場合は、ズボンもジッパーが金属なんで脱いでくださいという事で、Tシャツとパンツ姿になり、上からワンピースみたいな患者が切る青い奴を着ました。荷物は磁気が来ない別室に全部保管してくれます。

で、MRIに横たわります。
私の場合、首から肩にかけての断面写真を撮るので、首は機械にプラスチックの輪っかで固定され、さらに頭にもバンドを巻かれて固定されました(なんかアクション映画で敵に捕まったみたいな展開になってきた。。)。とにかく顔を極力動かさないでくださいと。口もできればあんまりもぐもぐとかしないでくださいと言ってました。

そして、技師さんに「機械から工事現場みたいな音がしてちょっとうるさいですが、そのまま安静にしててくださいね。」と指示を受けます。そして、「もし気分が悪くなったりしたら、このボタンを押して私を呼んでくださいね」と手に核スイッチみたいなボタンを握らされる。

そして、次の言葉が、最悪の予想通りの言葉だった(汗)

「では、開始しますので、そのまま約30分間じっとしててくださいね❤」

は???!

やはりそういう事なのか。最初の注意書きの「検査に30分ほどかかるから、トイレいっといてね」っていうのは、MRIの機械がスキャンするのに30分かかるって事で、30分間もこのままじっとしてろという事だったのか(泣)。。

30分、頭も口も動かすなって辛いぞ(汗)え、まじで?って感じだった。

そうMRIはレントゲンみたいに一瞬ではスキャンできんのだ。じっくりと断面図をスキャンしていくわけだ。。

30分、漫画もスマホも何もない状態で何をしろというのだ(汗)。
退屈ほど苦しいものはないぞ~と。きっとSMクラブの放置プレイってこんな気分なんだろうなぁってくらい、本当に放置プレイ(泣)。目を開けても、目の前はプラスチックの輪っかで、何にも見えないし、そもそも目もあんまりぱちくりしないほうがいいんだろう。。

というわけで、どうしたかというと、寝た(笑)。

ていうか寝る以外30分も何をしろと。。

30分ってそんな早く経たないからね。せめてラジオ流しておくとか、30分アニメ流してくれるとか、なんかしてくれよと(電磁波とか磁気的に無理なのかもしれんけど)。もしくは技師さん、横でアンパンマンの絵本でも読んでよ(子供か!)

まあ、寝たら寝たで誤って動いてしまいそうだったけど、ちょうど運良く眠気が襲ってきたので、寝ました。もう知りませんって感じで。

で、寝たおかげで、無事30分はあっという間に過ぎて、技師さんが「おつかれさまでーす」とやってきた。あんた、30分固定って先に言ってよ。まあ注意書きにそれらしき事は書いてあったけどさぁ。。と思いながらも、無事MRI終了してよかった。

まあ、実際にちょっとヘルニアっぽくなってる事がそれで発覚して、MRIでスキャンしといてよかったっちゃよかったんだが。。これは、できればもうやりたくなぁと。

別に痛いわけじゃないんだけど、何もない空間に放置ってきついなぁと。。
今度やる時は、前日に30分耐えうる妄想ネタとか考えておこうと思いました。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク