電気ポットはダメ!電気ケトル+ステンレスポット(魔法瓶ポット)の方が断然便利!夏冬両方活躍!

スポンサーリンク

秋冬、超苦手です(泣)。寒いのはホント無理です。

毎年どうやって寒さを凌ぐかを考えるのに苦労します。
特に体の芯から温めるために温かい飲み物は必須です。

で、毎回お茶を沸かすために、毎時間電気ケトルを使ってその都度お湯を沸かしていたのですが、毎回いちいち沸かすのを待ってるのも面倒ですし、何度も電源を入れるので電気代もその分かかりますよね。

file-4-10-16-01-06-01

そこで、もうちょっと効率良くしようと思い、ステンレスポットを買いました。

2016-11-05_19h00_53

ステンレスポットとは魔法瓶のポットです。水筒をポット型にしたものですね。
これがうちで使ってるのと同じものですね↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Peacock ピーコック ステンレス卓上ポット 1.1L AHR-100
価格:2506円(税込、送料別) (2016/11/11時点)

これがとても便利で、まず一回電気ケトルでお湯を1Lほど沸かしてしまい、それを全部こっちのステンレスポットに移してしまえば、いつでも熱いお茶が飲めるわけです。

最初からこのステンレスポットの中に熱々のお茶やコーヒーを保管しておくと便利ですね。
熱湯だけ入れておいて、気分で紅茶、お茶、ジャスミンティー、コーヒー、ココア、コーンスープと毎回違うホットドリンクに変えても良いと思います。

今まではマグカップ1杯分だけ電気ケトルで沸かしても、そのマグの1杯を飲みきる前にいつも冷めてしまっていました。最初は熱すぎるので、ちびっとだけ飲んで、もうちょっと冷めてから飲もうと思ってしばらく経ったら冷たくなってるっていう(汗)。

でもステンレスポット(もしくは水筒)に入れておけば、飲みきれる程度の量をコップにチビチビ入れながら、常に熱いお茶を飲む事が出来ますので、冬は本当に助かります。

茶の間でお菓子やみかんを食べながら、ちょこちょことお茶を継ぐのに最適です(お菓子がすすんじゃって太りそうだな;)。お客さんが来た時なんかもすごく役立ちますね。

スポンサーリンク

ステンレスポットは結構持つ。

半日以上放置しておくと、さすがに魔法瓶と言えども温度は下がってきます。

寝る前に熱湯を入れて、起きた時(8時間後)に飲んでみた所、湯気はまだ普通に経ってました。ただヌルいというほどでもなく、普通に飲める熱さだったので、60-50度位じゃないかと思います。ただ、これは中に入ってるお湯の量による気がします。中に入ってるお湯が少ないほど冷めるまでの時間が短くなる感じがあります。

単純にお湯だけをステンレスポットに入れて使うのであれば、ちょっとぬるくなってきた場合は、このステンレスポットのお湯を電気ケトルに戻して沸かし直せばすぐにまた熱湯に戻せるのも便利ですね。水から沸かすと長いですが、すでに70度近いお湯から沸かし直せば1分ほどです。

ちなみに魔法瓶には、コーンスープとか、味噌汁は入れない方が良いです。これは説明書にもよく書いてあるのですが、塩分で魔法瓶が錆びてしまって寿命が縮まるそうです。

なので、ステンレスポットには熱湯だけ入れておいて、飲みたい時は器にコーンスープの粉や味噌汁の素を入れて、お湯を足すって感じの使い方を推奨です。

夏も大活躍する

ステンレスポット、実は夏も大活躍します。

今度は冷たい飲み物と氷を入れておけば、
ずっと冷たいまま常温下で保てます。

なにより魔法瓶なんで、結露が出ないのがほんと最高です。

いちいち1杯飲む度に冷蔵庫へ向かわなくて良いですし、冷蔵庫の開け閉めが減るので電気代も節約!素晴らしいです。

2017-07-01_23h52_45

もちろんグラスの下には、結露対策に珪藻土コースターが最高です!

夏は必携!珪藻土コースター(karari)を買ってみた!レビュー。

電気ポットだけは絶対にやめておけ!

ただ、この電気ケトルと魔法瓶が合体してる電気ポットだけは絶対にオススメしません。

なぜって重いからです。

重くてとても使うのが億劫になります。
人間、重い物を使う時はすごく面倒に感じます。

例えば、髪の毛やわたぼこりが落ちてるとして、それを片付けるためにわざわざ掃除機出すの面倒ですよね?なぜなら掃除機って重いからです。小型掃除機ですら使うのが面倒に感じると思います(うるさいっていうのもありますね)。

それと同じで電気ポットは重いので、まず水を入れる事自体がすごく面倒に感じます。
そして、注ぐ時もいちいち何度もボタンをプッシュしなきゃいけないのがまた面倒です。
キッチンから部屋へ移動するのもウンザリしますし、いちいちコードにつなぐのもまたウンザリします。洗う時なんか最悪にウンザリします。

それが、電気ケトル+ステンレスポット(もしくは水筒)なら、コードレスで軽いので、非常に楽です。ストレスがないんですね。部屋から部屋への移動もなんの問題もなし。洗う時もステンレスポットだと水筒より口が広いので、洗いやすいというメリットもありますね。

ステンレスポットは外出には不向き

ちなみにステンレスポットを野外に持ってくのはオススメしません。
というのも、これ漏れます

作ってるメーカーにもよりますが完全密閉出来てないんですよ。
だから横にすると、口からお湯が漏れてきます(その割に保温はしっかり出来てるので不思議ですけどね。)

2016-11-11_12h11_56

なので、運動会とかピクニックなんかで外に温かい飲み物を持っていくためにというなら、やっぱり水筒を買った方が良いと思います。コップも付属してますしね。

特にフタがワンタッチ式の物は漏れやすいです。
逆にねじ込み式の物は完全密閉を謳っているので漏れにくいです。

ワンタッチの方が中身の入れ替えの時に便利ですが、
持ち運びも考えるならねじ込み式の方が良いでしょう。

2016-11-11_12h15_33

ワンタッチ式の方が便利だが、完全密閉出来てない物が多い。倒れた時に中身が漏れてくる事がある。

ねじ込み式の倒れても漏れないポットならやっぱりしっかりした作りで有名なサーモス社ので決まりでしょう↓

→楽天でステンレスポットを比較!

→Amazonでステンレスポットを比較!

水筒 VS ステンレスポット

正直、保温時間はどちらも変わりません。水筒の方が頭部分もステンレスで被せてる分長持ちするのかなぁと思ってましたが、比べてみると正直一緒です。ブランドの違いもそんなに感じないですね。

ブランドによって、ワンタッチで外せるタイプとねじ込み式があります。ねじ込み式の方が面倒な分、しっかり密閉してるので保温力は微々たる差ながらあると思います。

洗う時はステンレスポットの方が間口が広い分、若干洗いやすいですね。

単純に家で使うならステンレスポットの方が便利ですし、外で使うなら水筒ですね。

というわけで秋冬の寒さも温かい飲み物で乗り切りましょう。

2017-07-02_00h00_50

→楽天でステンレスポットを比較!

→Amazonでステンレスポットを比較!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク