ハピタスでFX口座開設でポイントを稼ぐ時の注意点。逆に大損して泣かないために。

スポンサーリンク

ハピタスなどのポイントサイトで稼ぐためや、自己アフィリを使うために
FX口座を開設して取引してみる人も多いと思います。

ただ、あなたも「FXってなんだか大損しそうで怖い!」と思っていると思います。

実際、無知識でトレードしてしまうと、思わぬ大損害を出しかねません。
10000ポイントもらえるはずが、10000円以上損してしまう(泣)なんて事もあり得ます。

でも、ちゃんと知識を持って作業すれば、30円程度の損失で10000ポイント(つまり1万円分)以上がゲット出来ます。

ここでは、FX口座開設&取引で損せずにポイントを獲得するための
大事な事を書いていきます。

スポンサーリンク

ポイント獲得条件で損なものはチャレンジしない!

まず、FX口座開設でポイントをもらうためには、大抵「〇〇lot以上の取引」という条件が付いてます。

例えば、上のDMM FXでは、「新規1lot以上の取引完了」と書いてあります。

1lot=1万通貨

なのですが、1万通貨というのは、
例えば、米ドル/円の取引の場合は、1万ドルという意味です。

ちなみに後述しますが、1lotで正しくトレードした場合、せいぜい損しても150円ほどで済みます。私は1lotの取引で30円程度の損で毎回済んでます。

つまり、上記のDMM FXの場合であれば、30円の損で、18000円が実質手に入る事になります。(17970円の儲け)

ただ、上記の場合、最初に口座に5万円以上入金する必要があります。これはポイント獲得後に全額手数料無料で引き出せます。

つまり上記のDMM FXの案件なんかは、非常に良い条件という事です。

悪い条件もあるので注意

今度はこちらを見てください。

セントラル短資FXの案件ですが、「往復50万通貨のお取引完了」と書かれています。

先程のDMM FXは1lot、つまり1万通貨の取引で条件達成できました。
しかしセントラル短資FXの場合、往復50万通貨(新規25万通貨+決済25万通貨)、つまり1lotで25回取引する必要があります。

例えば、1lotでうまく取引すれば、毎回30円負けたとして、

30円x25回=750円の損

運悪く毎回150円負けたとして、
3750円の損

となるという事です。

3750円負けて、5000円分のポイントがもらえるとなると、
実質1250円の儲けです。

うーん、あまりおいしいと言えないですね。

という感じで、案件によって、取引条件が違い、
おいしい、おいしくないがあります。

おいしくなくて、リスクばかりが高い案件には申し込むのはやめときましょう。

また、案件のポイントや条件も日々変わります。

昨日3000ポイントもらえる案件が次の日に15000ポイントもらえるキャンペーンをしていたりしますので、キャンペーンの時(ハピタスならみんなdeポイントに表示されてる時)を狙うのが大切です。

FX口座開設&取引で守るべきルール

次の事を守れば、損失を最小限にする事が出来ます。

  • 先に決済ボタンの位置や方法を確認しておく
  • 某サイトで指標発表がないかチェック
  • 即決済する
  • 取引回数による現金キャッシュバックは諦める

これを守りながら、トレードする必要があります。

ここでは、最近ポイント還元率が高い外為ジャパンFXを例に解説していきましょう。

FX口座にポイントサイトから申し込む

まず、ハピタスなどのポイントサイトからFX口座に申込みます。
その際、しっかりポイント付与条件を見ておきましょう。

2017-06-28_15h34_30

私が申し込んだ時は、15000ポイント、つまり15000円相当の電子マネーが
条件を満たす事でもらえるという事です。めちゃめちゃおいしいです。

また、申し込む前にレビューも読んでおくと、他の人のポイントゲット具合や難易度を確認できるのでオススメです。

2017-06-29_15h59_30

FX口座開設をオンラインで申し込むと数日後に書類が郵送されてきます。

郵送された書類にログインIDなどが書かれているので、
ウェブからFX口座にログインします。

出金用口座を登録する

例えば、外為ジャパンFXなら、

2017-06-28_15h16_38

「ログインはこちら」を押し、

その後、スクロールすると、お客様情報照会という欄があるので、
そこからログインします。

2017-06-28_15h20_25

そこで、はしっこにある「お客様情報設定」をクリックし、
「ご登録金融機関情報変更」を押します。

2017-06-28_15h22_08

そこで、ご自身の銀行口座の情報を入力します。
これは後でFX口座からお金を引き出す時に使う口座を登録するという事です。

これで一度ログアウトします。

その後、今度はFX取引ツールにログインします。
最初の画面を開いて、今度は外為ジャパンFX PROにログインします。
2017-06-28_15h30_29

取引画面の使い方を知る

さて、ここで、すぐに取引を始めてはいけません!

  • 先に決済ボタンの位置や方法を確認しておく
  • 某サイトで指標発表がないかチェック

でしたね。

まず、FX取引画面の仕組みをチェックして置かないと、
急にチャートが動き出した場合、すばやく決済できず、損が膨らんだりします。

なので、あなたはどうやって決済するのかを知っておく必要があります。

2017-06-28_16h14_39

こういう画面があります。これが売り買いを操作するパネルです。

まず、今回のポイント付与条件は

  • 1ロット以上の取引をする

ですから、「数量(ロット)」の所を1にします。

この1ロットというのは、お金を取引する最低単位です。

FX業者によって違うのですが、
基本的には1lot=10000通貨だと思ってください。

この10000通貨というのは、例えばアメリカドルを取引するなら、
1万ドル、つまり日本円にすると115万円位だと思ってください。

(1ドル=115円のレートだとして)

つまり、1回のトレードで最低でも115万円の米ドルを売り買いする必要があるという事です。

でも自分が入金したのは、たった5万円です。
そう、その5万円を人質にレバレッジというシステムを使って、まるで115万円持ってるかのように取引するという事です。

レバレッジの仕組み

現在、日本のFX業者では25倍のレバレッジが最大かかるようになっています。
今回私は5万円を入金しました。5万x25倍=125万円使える状態という事です。

FX業者が私に5万円を人質に125万円貸してくれてると考えてください。

今回、最低でも1ロットの取引をする必要があります。
でも1ロットの米ドルの取引をするためには、115万円必要です。

でもレバレッジが25倍自動的に利くので、私は5万円の入金だけで、115万円分の米ドルを買えるのです。

このレバレッジの怖い所は、
自分が実際に持ってる以上の大きな金額を取引できるので、
その分、沢山儲ける事ができるのですが、逆に沢山損をする事もあるという点です。

例えば、

あなたが1ドルだけFXで買ったとします。(つまり0.0001ロットの取引)
その時、あなたは115円支払います。

相場が1ドル116円になった時にそのドルを売れば、あなたは1円儲かります。
逆に1ドル114円になった時にそのドルを売れば、あなたは1円損をします。

(実際にはここにスプレットという取引手数料がかかりますがそれはここでは入れてません)

でも、そんな1円儲かった、損したなんていうちまちましたトレードをやってても儲かりませんよね?だから、FX業者がレバレッジというシステムでお金を貸してくれてるのです。

レバレッジを使って1ロットの取引をすれば、

116円になった時に、10000円儲かります。
114円になった時に、10000円損をします。

こういう取引をFXではやっているという事です。

とにかく、ポイントをゲットするための条件が最低1lotの取引(つまり最低100万円レベルの取引)なので、このレバレッジで取引するしかありません。

ただ、ちゃんとこれから話す注意点を守れば、そうそうこんな1万円以上の大損をする事はありません。

実際に私がポイントゲットのためにトレードして損した金額はたった30円です!
30円の損失で、15000ポイントゲットできたのですから、美味しすぎます。

先程話した注意点は

  • 先に決済ボタンの位置や方法を確認しておく
  • 某サイトで指標発表がないかチェック

でしたね。

まず、アメリカドルを買う(もしくは売る)注文を出したら、
即座に決済する事が重要です。

値動きというのは、普段非常に緩慢で、突然1円分ぐんと動いたりはしません。(する時もあるので、指標をチェックする必要があります。)

2017-06-28_16h47_57

上の画像だと、112.152円という意味です。これが秒刻みで
112.153円や112.151円に変化してます。

つまり普段は0.001円単位で動いているという事です。

1ロットの取引では、0.001円上下する事で、10円儲かったり損したりします。

なので、数秒間の値動きで損をするとしても、せいぜい大きく動かれて150円前後の損で済みます。

また、先程話したスプレットというFX業者の手数料もかかりますので、
基本的には値が動かなくても最低でも30円ほどの損はすると思ってください。

この30円~200円ほどの損を許容できる心がないのであれば、
FX口座開設+取引でポイントを稼ぐのはやめた方が良いです。

「1円足りとも損しないでポイントゲットしてやる~!」なんてやり始めると、
逆に損がどんどん膨らんで、見事に泣きを見ますので。

で、話を戻しまして、
損を極力出さないためには、注文した後、即決済する事です。

注文ボタンクリック→1秒後には決済注文ボタンクリック!決済完了!
損失50円!よっしゃ!

くらいの感覚でやる事です。
そのためには、決済注文ボタンの位置と使い方を把握しておく必要があるわけです。

2017-06-28_16h14_39

例えば、FXというのは、通貨を「売る」か「買う」をする取引です。
売り買いするのは、アメリカドルにします。

通貨ペア部分が「USD/JPY」になっていれば、アメリカドルの取引です。

理由はスプレッド(手数料)が一番安く、そして動きも急激ではないからです。
損する金額が一番少なくて済む通貨だと思ってください。

数量が1lotになってる事を確認した後に、青(売り)か赤(買い)ボタンを押すと、
実際に取引がスタートします。

2017-06-28_17h34_48

売り買いどちらを使っても良いですが、分かりやすく赤(買い注文)をするという事にしましょう。

そして、買い注文が出たら、

2017-06-28_17h08_44

「一括決済」と書かれたボタンが押せるようになっているはずですから、
それを押して決済を完了します。

決済が完了すると、入金した5万円が49950円位になっていると思います。

これで、ポイントがもらえる条件がほぼ整うという事です。

他社はまたボタン配置などが違いますが、
とにかくこの「一括決済」のボタンの位置や使い方を必ず取引開始前に把握しときましょう。

指標チェックを絶対に忘れるな!

ただ、実際に取引する前に必ず「指標」をチェックしましょう。

指標を知らずに注文を入れた途端、世界の指標発表が始まり、
突然値動きが1円ドドンと動くなんて事も実際あります。

しかもそんな時に限ってあなたは決済注文が通らなかったりします。

つまり、1万円以上の損を出す事が実際にあり得ます。
下手すると、もらえるポイント以上の損失をする事もあります。

だからこそ指標チェックが重要なのです。

指標チェックは「羊飼いFX」を使う事をおすすめします。

2017-06-28_17h15_11

羊飼いFXより引用

この「本日の為替相場の注目材料スケジュール」という表を見ます。
この表に出てる時間帯には、絶対に取引しないでください!!

表に出てる時間帯は値動きがとんでもなく急激になる事が多いのです。

急激に値が動くという事は、普段は30円~150円程度で済むはずの損が
ほんの数秒で500円、1000円と急激に膨らむという事です。

また指標発表時間帯はスプレッドも広がります。
スプレッドとはFX業者の手数料です。

普段はドル円であれば、0.3銭程度のスプレッドが
指標発表時は予告なく突然1銭以上になったりします。

普段は-30円の状態からスタートする所が、指標発表時は-100円、もしくはそれ以上からスタートするという事になり、必然的に大きな損をする事になります。

なので、絶対に指標がある時はFXはやってはいけません。

例えば、この日だったら、


朝8時位から14時45分位までの間と、17時~19時45分位までの間だったら、
特に発表はないので比較的安全と言えますね。

逆に、22時以降の取引は重要な指標(Aとか◎)が沢山ある時点で
恐ろしい値動きが起こる事が期待されますから、
絶対に取引してはいけないという事です。

この表に載っていない時間帯でも突然値動きが激しくなる時というのはあります。
それは、巨大地震が起きたとか、テロが起きたとか、大手銀行が破綻を発表したとか、
どっかの国の選挙で大統領が決まったとか。。

まあ、なにかビッグニュースがあれば、その時は値動きが激しくなる事もあります。

でもそんなのは予測できないものがほとんどなので、
大事なのは、

  • 羊飼いの指標発表時間(特に発表開始~1時間後位まで)は避ける
  • チャートの値動きが正常かを見る(ちゃんと0.001円単位で上下してるか)

をチェックしてから、注文を入れるという事です。

2017-06-28_16h47_57

指標発表時間外で、チャートを見て、この数字の最後の一桁だけがゆっくり動いてる状態なら安全です。2桁以上が激しく動いているようなら危険ですので、違う時間帯にやりましょう。

そして注文を入れたら、何事も起こらないうちにさっさと決済注文する。

そうすれば、150円以内の損で済むでしょう。
実際に私も30円や40円の損で済んでます。

2017-06-29_10h54_37

50000円入金して、40円損したので、49960円になってます。

入金する

では、使い方を確認した所で実際に5万円を入金しましょう。

下の方に「入出金」というタブがあるので、
それをクリックします。

2017-06-28_15h33_02

クイック入金という欄があるので、そこの「金融機関名から絞込み」の所から
自分の銀行口座のある銀行を選択します。

これから、自分の銀行口座からFX口座に5万円入金します。

なぜ5万円なのかというと、今回のハピタスのポイント付与条件が
最低5万円入金する事となっているからです。

その最低金額以上をあなたもこのクイック入金使って入金します。

「入金金額欄」に5万円と入力して「確認」ボタンを押すと、
自分の銀行サイトに飛ぶので、5万円を入金する手続きをします。

すぐに自分の銀行口座から5万円出金されて、FX口座に5万円入金されます。

2017-06-29_10h53_47

FX口座によっては、入金、出金が有料の所も一部あります。
ただ、ほとんどの所は普通の入金は手数料がかかっても、クイック入金は手数料無料です。
なのでクイック入金を必ず使います。
そして出金はほとんどの所で無料です。

今回例として使っている外為ジャパンFXもクイック入金と出金の手数料は無料です。

(FX業者の入出金の有無の一覧表)

例えば、この記事を読んで「やっぱり怖いからやめよう」と思ったら、
入金したお金を出金手続きすれば、無事1円も損せず戻ってきます。
(ただ出金には数日かかります。)

そして、先程話した指標時間に被ってないかをチェックし、
問題なければ、1lotをちゃちゃっと取引しましょう。

一応これでポイントゲットの条件は達成しましたが、
ここでFX口座からお金をまだ引き出してはダメですよ。

1ヶ月後位にハピタスにポイントが確定しますから、
ポイントが実際に付与されてから、FX口座に残っているお金をすべて出金しましょう。

2017-06-28_17h40_42

入出金タブの「出金予約」に、口座残高を全部入力すれば、数日後に登録した銀行口座に振り込まれます。

これで無事ポイントゲット出来たわけです。おめでとうございます!

キャッシュバックは諦めよう!

多くのFX会社では、ポイントがもらえる以外にも、取引量によるキャッシュバックをやっています。

2017-06-28_21h32_39

例えば、画像の例なら、新規取引500Lotで1~2万円がキャッシュバックされると書いてあります。

で、このキャッシュバックはハッキリ言って諦めましょう。

なぜかというと、こういうのは、本気でFXで稼ぐ人向けです。
今回の記事はFX素人が口座開設してポイントサイトや自己アフィリで稼ぐ方法です。

ちょっと計算してみれば分かりますが、はっきり言って損します。

例えば、5万円しか入金してない状態では、1lotしか一度に取引できません。
それを500回取引を繰り返せば、1~2万あげますと書いてあります。

先程説明した方法で500回取引したのであれば、
損失を最小限の30円と過程しても、15000円の損失が出る事になります。

つまり、やる意味がないという事です。

50万円入金しても、最大10Lotしか買えませんから、50回取引する必要がありますし、
一回の損失もその分増えます。先程は0.001円の動きで10円の損益が出る話をしましたが、今回は0.001円の動きで100円の損益になりますから、結局同じです。

得するどころか、キャッシュバック金額以上に損するだけです。
諦めましょう。

というわけで、ハピタスなどのポイントサイトでFX口座開設+取引をする方法
ご理解頂けましたでしょうか。

リスクはありますが、知識があれば、リスクは最小限にする事ができますし、
こんな簡単な作業で、FX口座をいくつか開設するだけで、数万円入ってくるわけですから、
お小遣いを増やしたいと思っている人はこっそり稼ぎましょう。

ハピタスにはFXや証券会社口座の開設、クレジットカードの発行などで
1件当たり数千円~万単位でポイントが稼げる情報がうようよあります。

そしてそのポイントは電子マネーやマイルに交換できます。楽天スーパーポイントにも交換できます。

まだ登録してない人はぜひ登録して稼いじゃいましょう。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク