自転車のスペアキーの費用はいくら?ビバホームで合鍵を作ってみた。

スポンサーリンク

自転車を購入すると最初大抵2つカギが付いてきます。

先日、嫁が自転車のカギを紛失してしまったので、
カギが1つだけになりました。

これでまた万が一カギを失くすと、非常に面倒な事になるので
スペアキーを作る事にしました。

スポンサーリンク

自転車のスペアキーはやや高め

自転車のスペアキー制作は、普通の家のカギなどに比べるとどこもやや高めです。

例えば、私の妻の自転車の購入時に下記のものが同封されてました。

つまり700円で新しいカギを送ってくれるというわけです。

ただ、ちょっと700円分の切手を買ったり、送ったりが面倒なのと、
700円って高くない?と思ったので、使いませんでした。

ビバホームで合鍵を作る費用は?

調べた結果、全国チェーンのミスターミニットで合鍵を作ると1000円からと書いてあり、これはもっと高いので、この手のサービスで安さに定評があるホームセンターで作る事にしました。

近くのビバホームに行った所、普通の一番安い家のカギタイプで600円、自転車のカギのような小型キーだと650円との事で、結局ここで650円(税込)で作ってもらいました。

ビバホームの支店によっても金額は違うと思いますが、相場はこれくらいだと考えてください。

実際に作ってもらったカギです。

今回、カギが普通のタイプだったので、ビバホームでもスペアキー制作が出来ましたが、
これがディンプルキーなどの特殊なタイプのカギだと、カギ屋さんも特殊な機械が必要なので作ってもらえなかったり、料金が高かったりします。

その場でちゃんと機能するかチェックし、
もしカギがちゃんと開かないとか、引っかかるようなら、もちろん無料で調整してくれます。

合鍵がないと、カギを紛失してしまった時に非常に困った事になります。
合鍵のコストは650円程度ですが、これがカギの破壊とか、カギの交換、自転車の買い替えとなると、何十倍ものコストになります。

今カギが1つしかない、合鍵が無い状態ならば「面倒くさいし、お金かかるのヤダからまだいいや」なんて考えず、すぐに1つは合鍵を作っておきましょう。無いと後でもっと費用がかかります。

自転車のカギは小さいゆえに失くしやすいです。

ポケットの穴から落ちた。側溝からドブに落ちてしまった。エレベーターの隙間に落ちてしまった。ポケットに入れたまま洗濯した時にどっか行ってしまった。どこカバンに入れたか分からなくなった。などなどあります。

急いで出かけたいって時にどこに置いたか分からない。。そんな時にスペアキーがあれば、すぐ出れます(スペアキーをどこにしまったか忘れるってパターンもありますけどね:汗)

というわけで、スペアキーは1つは迷わず作っておきましょう。

スポンサーリンク