ニライビーチでシュノーケリングは出来ない!が。。隣のビーチで出来たよ。

スポンサーリンク

今回は沖縄本島、残波岬近くにあるニライビーチへシュノーケリングするために行ってきたのですが、ちょっと問題がありました。

ニライビーチへシュノーケリングに行こうと思ってる方、ちょっと待ってください。
この記事を読んでからでも遅くないはずです。

スポンサーリンク

ニライビーチではシュノーケリングが出来ない

ニライビーチはホテル日航アリビラというリゾートホテル前のビーチで、
施設も整っているリゾートビーチです。

私は様々なレビューを参考にここでもシュノーケリングが出来て、それなりに魚が見れると判断し、現地に向かいました。

確かに車はホテル日航アリビラの駐車場に無料で停められますし、
いかにもリゾートという感じの綺麗なビーチでした。

ホテル前ではシュノーケリンググッズやライフジャケットのレンタルもあって、
ああ、問題なくシュノーケリングしていいんだなって思ってました。

そこでお魚のいそうな岩場がある赤矢印の所らへんで、シュノーケルセットを身に付けてエントリーしました。

しかし、その直後、妻が浜辺から叫ぶ声が聞こえるので、振り向くと、
1人の日本人のおにーさんが脇に立ってました。

そして

『すいませんが、ここは、ジェットスキーなどが通る関係で危ないので、シュノーケリングは禁止となっておりまして、申し訳ありませんが、上がって頂けますか』との事。

え?でもシュノーケリングレンタルもそこでやってるじゃん!しかも、ホテル前から離れた所で細々とやろうとしてたのに。。と思いつつ、

「どこだったらやっていいんですか?」と聞き返しました。

すると、

『遊泳区域内だけとなっております』との事。

つまり、クラゲネットで囲まれたホテル前のこの部分でのみシュノーケリングしていいですよとの事。。

え?そこでシュノーケリングして魚なんか見れるの?!

確かに普通に海水浴を楽しんでる人の中には、その囲いの中でライフジャケットを付けてシュノーケリングしてる人もいるんですよ。。

とりあえず、向こうも申し訳なさそうに丁寧に対応してくれてますし、
こちらもモンスターシュノーケラーではないので、さっさと退散しました。

ニライビーチがダメならカナイビーチだ!

ただ、私はこんな事もあろうかと、お隣にももう一つビーチがある事を調べてました。
なんでも地元ではカナイビーチと呼ばれているとか。

車を少し移動します。

ピンクから黄色に車を移動。
赤枠はシュノーケリング禁止
水色枠はシュノーケリングOK

そう、お隣のビーチは誰かが管理してるビーチではないので、
シュノーケリングしても何も言われないんです。

実際、他にもこのカナイビーチでシュノーケリングしてる人、ぼちぼちいました。

一応、2,3台停められる駐車スペースもビーチ前にあります。
すでに数台停まってて、みんな路駐してました。

ビーチはこんな感じ

こっちには、トイレもシャワーも何もありません。そのまんまの天然ビーチです。
(施設が使いたかったら、ニライビーチに戻れば使えますけどね。)

というわけで、さっそく気を取り直してシュノーケリング開始です。

魚がいるポイント

実はこのカナイビーチ、結構遠浅です。

子供に遊ばせてるファミリーが多かったです。

ビーチ入り口付近だと全然魚がいないし、藻ばかりなので、もっと奥の岩場を探索しました。

ここも浅くて、全然安全です。お魚もぼちぼち見れました。

しかし、なんだか物足りないこの現場。。。

そんな所へ、ヒトデを持って、「触ってみるかい?」と寄ってきた子連れの外国人のおにーさん。

その人が言うには、「あっちに岩が見えるだろ?お魚見たいならあそこの周りにわらわらいるぜGuys!」と気さくにシュノーケリングポイントを教えてくれました。

その岩場がコレ!

黄緑◯がそのポイント
水色◯が今自分達がいる岩場
赤枠が駐車場

「え?結構岸からあの岩離れてるよね?しかも人全然いないよね?やばくない?流されて遭難しない?危なくない?助け呼んでも誰もこんなとこ、来ないけど。。」

って、反応してたら、

『Don’t worry! 実はあそこまでずっと浅瀬なのさ。せいぜい胸までの深さだよ。歩いてすらいけるぜMan! 岩の周りだけ深くなってるから気を付けてな♪ 』

せっかくここまで来て、ニライビーチでは追い返されて、このまま帰るのも無念過ぎるので、
そのおにーさんの言葉を信じて、恐る恐る泳いでみました。

う、結構遠いなぁって感じなんですけど、たしかに途中途中全然立ち上がれて、
大して深くないのです。

そして段々本当に魚影が濃くなってくるんです。

確かに岩場にはわらわらと熱帯魚さん達がいました。

ただ、我らの天敵、ムラサメモンガラも結構な数がいまして、あんまり長時間滞在できませんでした(汗)

こいつです↓

産卵期になると、突進してきたり、噛み付いたりしてくるお魚なので、この「ひし形たらこ唇野郎」を見たら早めに離脱しましょう。

別に襲われはしなかったですけど、3匹位にちょっと追走されました(怖)

というわけで、無事お魚見れて、シュノーケリングを楽しむ事は出来ました。

ちなみに、この記事の水中写真は防水カメラNIKON S33で撮影しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あす楽】 ニコン COOLPIX W100 ブルー 【店頭受取対応商品】
価格:14510円(税込、送料無料) (2017/7/20時点)

現在はW100という名称で売られています。全メーカーの防水カメラで一番安い機種ですが、この記事の写真のように、それなりに良い写真が撮れます。

私は過去にiPhoneにCatalystという有名な防水ケースを使って過去2回も水没、交換を経験してます。特に海水はパッキンを痛めますし、回路を一撃で壊しますから、たとえ防水スマホでも海水での撮影はおすすめしません。

大切なデータが消えるばかりか、スマホは修理や買い替えも高いですから、
防水カメラを1つ持っておく事を強くおすすめします。

ニライビーチ、カナイビーチまとめ

  • ニライビーチでは、ホテル日航アリビラの駐車場が無料で使えるほか、
    シャワーやトイレなど施設も揃っている。が、シュノーケリングは不可。
  • カナイビーチは、無人で何にもないビーチだが、自己責任でシュノーケリングはOK。
  • カナイビーチ前にも小さな駐車場はあって、無料で停められる。
  • カナイビーチは遠浅。奥の岩場まで行けば、お魚は見れる。
  • ムラサメモンガラが結構いるので注意。
  • 波はややあり。流れもややあり。ただ遠浅なので、危険というほどでもないが、ライフジャケットなどの浮力体は念のため持っておくべき。
  • 人はまばら。子供に波打ち際で遊ばせる分には遠浅なので安全。
  • 岩場で滑るので、マリンシューズはあった方が良い。裸足でもなんとか歩ける。
  • ビーチには藻が結構多く、透明度は低め。
  • 眺めの良さなら、リゾート化されたニライビーチがオススメ。

というわけで、正直、他のシュノーケリングスポットと比べるといまいちなビーチでした(汗)
ただ、外国人のおにーさんのおかげで楽しめました。

個人的にオススメなのは、こっちですね。

アンチ浜でのシュノーケリングでイカ出現!隠れお魚天国の詳細と注意点。
沖縄本島の北部、美ら海水族館の近くに、瀬底島という離島があります。青矢印が美ら海水族館で、赤矢印が瀬底島です。この瀬底島、ご覧の通り橋がかか...
ジョン万ビーチでシュノーケリング!お魚具合や安全性は?サメ対策は!?
沖縄本島のシュノーケリングスポットというと、 中部の恩納村にある真栄田岬や、美ら海水族館などがある北部方面の方が有名ですが、 南部にもシュノ...
とかしくビーチで亀やデカニモと泳ぐ。出現ポイントはココだ!
1週間の沖縄旅行のシメとして、日帰りでフェリーに乗り、渡嘉敷島に行ってきました。 渡嘉敷島というと、多くの人は阿波連ビーチに行くのですが、 ...

くれぐれもニライビーチではシュノーケリングは出来ないので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク