iPhone7がヘリから落としても生還。でも本当に頑丈になったの?

早速Youtubeでは、iPhone7を水に浸けたり、落下テストを行う動画が出ている。 その中でも、ヘリコプターに乗り、上空からiPhone7を落とす実験をしている動画がある。 それがこちら

この動画では、iPhoneを上空から落としているが、 iPhoneの画面にはちょっとヒビが入る程度で問題なく動いていた。 他にも落下テスト動画を見ていると、 どの動画でもiPhone6sなどの旧機種より倍近い高い位置から落としてもiPhone7の画面は無傷という結果が出ている。

その他、落下テスト動画



じゃあ、もうiPhoneに保護フィルムはいらないのか?

私はそう思った。本当に落としても割れないスマホなら、私も買いたいと思った。
しかし、早速iPhone7発売日に落として画面が割れたというツイートも出ているので、
「あれ!?使用中やポケットからの落下くらいだったらもう大丈夫なんじゃないの?」と思ったのだが、

これらの落下テスト動画に言える事は、凸凹のアスファルトで実験してないって事なんですよね。

アスファルトのように、均一平らな所でないとこで落とすと、やっぱり画面は砕けちゃうって事なんでしょう。

これは、ゴリラガラスを作ってるコーニング社も言ってる事でして、一回落とした位では耐えられたりするけど、その時に実際には微細な傷が入ってしまうから、2回目落とした時は耐えられなくて割れたりする事が多いとか。

iPhone7が間違いなく前より頑丈になってる事は確かなんですが、現実的にはやっぱり保護シートは画面に付けておいた方が良さそうですね。

PS. ちなみに、カメラがでかくなった分、カメラ側が割れる事の方が心配なようです(汗:実際動画でもカメラレンズにヒビがいってます)。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク