ダイロンで服を染めるのと新しく買うのどっちが得か?

スポンサーリンク

先日、ダイロンで色あせた黒いジャケットを染め直しました。

2016-11-13_14h21_20

ダイロンで染めたくない部分もある黒のジャケットを染め直してみた。

これが大成功で、チャレンジしてみて良かったなと思ったのですが、
コスト面から考えて、むしろ新しく買っちゃった方が良いんじゃないかと思った部分もあったので、実際のコストを比べてみたいと思います。

まずダイロン自体ですが、

大体750円~500円くらいで一袋が売られてます。
安い通販でも送料を含めると一袋700円と考えるのが妥当でしょう。

1袋で250gほどの服やカバン、靴などが染められます。

ちなみに私がジャケットを染めた時は2袋使いました。
つまり1400円のコストがダイロン代にかかりました。

チノパンやTシャツなどなら、1袋で足ります。

さらに

・塩
・バケツなどの容器2つ
・ゴム手袋
・泡立て器

などが必要になります。
これらのものは全部100円ショップでも揃えられます。

ただ、ジャケットを洗う場合は、12L位入るそれなりに大きな容器が必要です。
押入れ収納ケースみたいなのが必要になってきます。これはキッチンシンクやゴミ袋なんかでも代用可能です。ダイロンを溶かすために1L程度の容器も必要ですが、鍋やペットボトルなんかでも代用できるでしょう。

これらのその他コストが500円~2000円前後かかるという感じです。(塩以外は再利用できますが)

つまり一回染めるのに1200円ちょっとはかかるという感じです。
2回目からはダイロン代+塩代の800円ぐらいでしょう。もちろん水道代もかかりますが。

平均コストを仮に1000円とすると、安いTシャツやほころびてたり伸びたりしてしまっている服などは買っちゃった方が得かもしれません。

逆にジャケットのように買うとなると1万円前後はするものなら、ダイロン2,3袋を使って染め直した方が2000円前後で染められるので得と言えるかもしれません。

染められる素材も違うので、その辺を十分考慮してからやるか決めると良いですね。

このショップでは実際にそれぞれの素材をダイロンプレミアムダイとマルチそれぞれで染めてみた色見本があるのですごく参考になります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク