イオン銀行デビットカードでのイオンの買い物があまり得とは言えない理由

スポンサーリンク

イオンで買い物する際、様々な支払い方法がありますが、
支払い方法によってポイントが付いたり、割引を受けられたりしてお得なのはご存知だと思います。

ただ、クレジットカードは後でまとめて請求が来るのが嫌で使いたくない。でも現金払いは小銭の出し入れが面倒という人に便利なのがイオン銀行キャッシュ+デビットカードです。

2017-06-21_09h10_34

このイオン銀行のキャッシュカードに付いているJCBデビット機能で支払いをする事で「ときめきポイント」というポイントを貯める事が出来ます。

しかし、これが他のイオンのポイントシステムと比べるとちょっと使いづらく、特にイオンで買い物する時は得とは言えない部分がありますので、解説していきます。

スポンサーリンク

WAON POINTが貯まらない。。

現在、イオンには3種類のポイントシステムがあります。
これがすごくややこしいのですが、

一番便利なのは、WAON POINTという新ポイントです。

2017-06-21_09h16_53

この紫のカードのポイントなのですが、
この紫カードはイオンの店頭で無料でもらえます。

このカードはイオン系列店で現金払いする時に提示すると、
200円事に1WAON POINTがもらえます。

しかし、イオン銀行デビットカードのデビット機能で支払いすると、
この紫のカードを提示しても、WAON POINTは貯まりません。

その代わり、「ときめきポイント」というポイントが同じく200円で1ポイント貯まります。

これがちょっと面倒な所で、
ときめきポイントはWAON POINTに比べて使いづらい面があるのです。

ときめきポイントとWAON POINTの違い

厳密には、WAON POINTにも2種類(新WAON POINTと電子マネーWAONポイント)があるのですが、超ややこしいので(汗)、

ここではWAON POINTとときめきポイントの使い勝手の違いに絞ってお話しします。

WAON POINTもときめきポイントも200円に付き1ポイントで、現金1円と同じ価値があります。価値的には変わりません。しかし使い勝手が違います。

WAON POINTは、1ポイントでも貯まれば、次の買い物ですぐにそのポイントを使用する事が出来ます。

しかし、ときめきポイントはそうはいきません。
ときめきポイントは、ときめきポイント専用サイトに載っている景品と交換するか、
もしくは現金代わりに使いたい場合は、WAON POINTに交換する必要があります。

ときめきポイント1ポイント=WAON POINT1ポイントですから、
損はしないように感じますが、ここに問題があります。

ときめきポイントは、1000ポイント貯めないと、WAON POINTに交換出来ないのです(汗)。

WAON POINTが1ポイント単位ですぐに現金代わりに使えるのに対して、
ときめきポイントは1000ポイント貯めるまで、現金代わりになりません(汗)。

1000ポイントという事は、最低でも20万円をデビットカードで支払うまでは
WAON POINT化が出来ないという事です。

デメリットだけではなく、メリットはある

「ときめきポイントめっちゃメリットない(汗)」とこれを見て思ったかもしれませんが、
イオン銀行デビットカードで支払う事でメリットもあります。

それはイオン系列店ではない所の支払いでも、ときめきポイントは貯まるからです。

例えば、イトーヨーカドーなどのイオン系列ではないお店で買い物する時は、
WAON POINTはもちろん系列店ではないので貯まりません。

しかし、イトーヨーカドーなどのイオン系列ではない店で買い物する時に、
イオン銀行デビットカードで支払った場合は、
ちゃんとときめきポイントが付きます。

つまり、毎日の買い物を常にデビットカード払いしていれば、
現金で払うよりポイントが貯まる分お得であり、しかも釣り銭のやりとりもないので
非常に便利だったりします。

デビットカードは使った後、即時銀行口座から引き落とされますから、
クレジットカードのように使いすぎちゃって後ですごい額の請求が来たという心配もありません。

毎日の消耗品や食品をデビットカードで支払いしてるだけでも、
20万円はあっという間に行くと思います。

そして、イオン系列店でデビットカード支払いをした場合は、
ときめきポイントは2倍になります。

通常は200円で1ポイントですが、イオン系列店では200円で2ポイント加算されます。

また、デビットカードで支払った商品が偶然の事故で破損した場合は
それを保証してくれたりもします。(購入から180日間、年間50万円まで)

なので、デメリットばかりではないという事なんです。

デビット払いを使う時の注意点(重要)

1つ注意点なのですが、支払いの時は「カードで」か「クレジットで」「JCBで」と言う事がポイントです。

というのも「デビットカード払いで」というと、JCBデビットではなく、J-Debitという支払い方法をレジの人が間違えて使ってしまう可能性があるからです。

JCBデビットを使おうが、J-Debitを使おうが、どちらも即時引き落としされるのは一緒で、
なんの違いもないのですが、J-Debit扱いされてしまうと、ときめきポイントが貯まらないというのがあります。

JCBデビットというのは、JCBというクレジットカード会社を経由して即時支払いするシステムです。なので、デビットと名乗りつつも、レジではクレジットカード扱いなのです。

なので、イオン銀行デビットカードを出して「クレジットで!」と言って決済してもらいます。「クレジットで」と言って、レシート上ではクレジット払いとなってますが、

実際にはJCBによって即座に銀行口座から引き落とされるので、デビットカードと同じ扱いになるのです。それがJCBデビットというシステムです。(VISAデビット、マスターカードデビットも同じです。)

「即時引き落とされるクレジットカード」がJCBデビットだと思ってください。
これの便利な所は、ネットショッピングなどでも大抵使えるという点です。

ネットショッピングのクレジット払いでも、JCBデビットの番号を入力する事で
買い物が出来たりします(出来ない所もあります)。

イオンで買い物する時はデメリットか!?

イオンモールで買い物する時は、正直、[現金+紫のWAON POINTカード]で支払った方が得かなとも感じます。

2017-06-21_09h16_53

というのも、紫のWAON POINTカードを提示しつつ、イオン銀行デビットカードで支払っても、WAON POINTは付きません。付くのはときめきポイントだけです。

せっかくWAON POINTが直接付くのであれば、
その方が使い勝手は良いですから、イオンモールで買い物する時は、
WAON POINTカードを提示しつつ現金で払うのが一番得とも言えます。

もちろんデビットで払えば、ときめきポイントが2倍なので、
ポイント数的には2倍貯められます。

しかし、1000ポイント単位でしかWAON POINTと交換できないという点を考えると
あまり使い勝手が良くないという点は拭えません。

イオンのお客様感謝デーなどでは、イオン系のカードを持っていると5%OFFなどの割引を受けられますが、これも紫のWAON POINTカードでもイオン銀行デビットカードでも、どちらでも受けられますから、正直メリット面では変わりません。

イオン銀行デビットカードより得なデビットカード

もし毎回の支払いで小銭を出すのが面倒。そしてポイントも大量に貯めたいと思っているのであれば、クレジットカードがその欲求を一番満たしてくれます。

ただ、クレジットカードだと使いすぎてしまう。1ヶ月遅れでドンと請求が来るのが嫌という人にとっては、このイオン銀行のデビットカードはクレジットのイオンカード同様にときめきポイントが貯まる上に即時引き落としされるので、非常に便利なカードと言えます。

ただ問題なのは、「ときめきポイントに魅力を感じるか?」とも言えます。

例えば、楽天銀行にも同じく、楽天銀行JCBデビットカードがあります。
楽天銀行のキャッシュカードに同じくJCBデビットが付いているカードです。

イオン銀行のときめきポイントが200円で1ポイント(イオンでは2ポイント)に対して、
楽天銀行では楽天スーパーポイントが100円使う事に1ポイント貯まります。

例えば、108円の商品をJCBデビット払いした場合、
イオン銀行カードではポイントは0ですが、
楽天銀行カードではポイントが1付きます。

さらに楽天スーパーポイントは、1ポイントから使えますが、
イオンのときめきポイントは1000ポイント貯めないとWAON POINTとして使えません。

最近、楽天スーパーポイントは、サンクス、ミスド、ジョーシン、くら寿司、マクドナルド、プロント、ツルハドラッグなど、様々な店で使えるようになってますし、もちろん楽天での買い物にも使えますので、ものすごく使い勝手が良いです。

もしあなたがイオンで毎日買い物しているのであれば、
イオン銀行カードのデビットの方がお得と言えますが、

たまに行く程度であるなら、楽天スーパーポイントを貯めた方が
使い勝手がはるかに良いと言えます。

デビットカードで得をしたいと考えているのであれば、
楽天銀行JCBデビットはすごくオススメです。

申し込みは楽天銀行公式サイトからできます。

というわけで、
イオン銀行のキャッシュ+デビットカードは、
クレジット嫌いだけど、現金も面倒という痒い所に手が届くカードだったりします。

普段現金払いしてる人で、イオン銀行のデビットカードを持っている場合は、
それで支払いしてみるとその便利さに感激すると思います。
ただ、肝心のイオンで買い物する時は実は現金で払った方が得かもというお話しでした(汗)。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク