みなみの桜と菜の花まつりと河津桜まつり、行くならどっち?比べてみた。

スポンサーリンク

河津桜まつりの様子

先日、静岡県の伊豆半島にある河津駅近くの河津桜まつりに行ってきました。

ただ、河津桜まつりは、すごく混むとの話だったので、
最初は、さらにその先にある、もう一つの河津桜並木の
「みなみの桜と菜の花まつり」に行こうと考えました。

ただ、このみなみの桜と菜の花まつりに行くためには、
いずれにせよ、河津桜まつり会場の河津川脇を通り抜ける必要があります。

だったら、河津桜まつりに行って、時間があれば、みなみの桜と菜の花まつりに行けばいいのでは!?

という事で、そうする事に。

ここでは、「みなみの桜と菜の花まつり」で感じた事と「河津桜まつり」との比較を書いていきます。

スポンサーリンク

みなみの桜と菜の花まつりの駐車場について

まず、「みなみの桜と菜の花まつり(みなみの桜)」の駐車場なんですが、
一番メインの駐車場として、道の駅 下賀茂温泉湯の花という駐車場があります。

ただ、ここ、すぐに満車になってしまいます。

私が行った時も満車でした。

ただ、他の駐車場の場所、すんごい分かりづらいです(汗)。

どこにあるのか、どこなら停めていいのかがよく分かりませんでした。

当方は、結局、菜の花畑のすぐ近くの駐車場に停めたのですが、
そこの係の人に話を聞くと、

菜の花畑と桜並木は距離が徒歩だと2、30分くらい離れてるから、
菜の花畑を見たら、車でまた移動して、別の駐車場に停めた方がいいと案内されました。

ただ、駐車料金500円をそこで払えば、領収書がもらえるので、
他の駐車場に停めても、その領収書を見せれば、2度払う必要はないとの事でした。

つまり、1箇所の駐車場で500円払えば、他の所は無料で停められるシステムになってます。

この辺は親切設計になってました。

ただ、どこが停めていい所なのかっていうのが、看板とかがほとんどなくて
正直分からないんですよ(汗)。

もしあなたが行く場合も、公式サイトの地図マップを良く見てから行く事をおすすめします。
(それ見てもよく分からないんですけどね・・改善して欲しいです)

菜の花畑の様子

つまり、仮に道の駅 下賀茂温泉湯の花の駐車場に停めても、
そこから菜の花畑まで歩くのは、かなりキツイという事は覚えておいてください。

一方、河津町の河津桜まつりでは、どこの駐車場に停めても、
すぐに圧巻の河津桜並木に徒歩で行ける事、

また河津桜まつりでも、菜の花ロードはあって、
河津桜と菜の花のコントラストはこっちの方が楽しめました。

河津町では菜の花と河津桜のコントラストが楽しめる区域も

河津桜まつりの駐車場は700円です。
こちらは駐車場の移動に関しては特に案内がないので無理だと思います。
(そもそも混んでて無理)
それでも河津桜まつりは700円払う価値あります。

みなみの桜と菜の花まつりは、なかなか寂しい印象でした・・

みなみの桜の並木の様子

菜の花畑の駐車場から移動して、実際にみなみの桜の桜並木がある川沿いを歩いてみました。

確かにこちらは、河津桜まつりと違って柵がないので、
より自然の姿を楽しめる印象はありました。

が、個人的に感じたのは、とにかく寂しい・・・

なぜそう感じたのかというと、
桜と桜の間隔が、河津桜まつりでは隙間なくびっしりなのに対して、
みなみの桜では、かなりぽつんぽつんと距離を空けて植えられてる感じだったので、

そこに、広がる静けさ、出店のなさ、人のいなさを見た時に、
とにかく「あぁ・・なんか寂しいよね・・」って感じがしました(汗)。

(私がたまたま車を停めた周辺がそうだっただけかもしれませんが・・)

ちょうど、夕方3時くらいで、徐々に日が落ちてきてるのも、
寂しい雰囲気に拍車をかけていました。朝来ていたら、
きっと印象はもっと良かったと思います。

それに比べると、どこ見ても河津桜がぎっしりで、
出店も景色も駐車場のわかりやすさも全くNO PROBLEMだった河津桜まつりが
やはりみなみの桜に比べて圧倒的に人気な理由が分かった気がしました。

みなみの桜まで行くにはどれくらいの時間がかかる?

みなみの桜までは、河津桜まつり会場から、40分~1時間くらい車を走らせると行けます。
そこまでは海沿いの峠道を走っていきます。特段狭い道ってわけでもないので、車の運転が苦手でも、急勾配の山道ではあれど、そんなに苦ではないですし、一本道でほぼ迷う事もないです。

道自体は広いですし、道の途中で、まどが浜海遊公園と道の駅があるので、
そこで海と遊覧船を眺めながらちょっと休憩もおすすめです。

やっぱり河津桜まつりがおすすめ!

みなみの桜にて

というわけで、みなみの桜と菜の花まつりは、
まさにザ・田舎っていう印象だったので、そういう景色で静かに河津桜を楽しみたいという場合におすすめです。

菜の花畑の前には、ファミマもあるので、ちょっと買い出ししたい場合には困らない感じでした。

ただ、みなみの桜は、桜並木や菜の花を綺麗に見せようっていう気持ちが足りてないと感じました。

田舎の美しさを強調するとしても、
富士山近くの忍野八海のような、「すごーい!」と感動するような
絵画のような田舎風景の美しさはみなみの桜には残念ながら私は感じられませんでした。

忍野八海

菜の花畑にしてもそうで、ただ菜の花の畑がポツンと一角にある感じなので、
写真の撮り方次第では映えますが、実際の景色で言ったら、別の菜の花スポットの方がよっぽど綺麗だなと思ってしまいました。(例えば、埼玉県幸手市の権現堂桜堤など)

埼玉県幸手市の権現堂公園

というわけで、みなみの桜まつりと河津桜まつりでは、断然河津町の河津桜まつりが、たとえ混んでてもおすすめです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク