iOS10で細かい設定へのショートカットを作る方法!オートロック設定画面まで一発アクセス!【iPhone】

スポンサーリンク

iPhoneを使ってて、地味に困るのが、
各種設定画面へのショートカットが作れないようになっている事。

その昔は出来たのですが、OSがバージョンアップした事で
出来なくなったりして、非常に不便でした。

特に私はオートロックの時間を頻繁に変えます。

2017-05-17_00h13_58

普段は5分でロックするようにしてますが、
料理中はレシピなどをずっと表示していたいので、オートロックを無効にします。

しかし、現在はそのオートロック時間設定画面までのアクセスが実に面倒になりました(汗)

Siriに頼むと、時々ちゃんと表示してくれるんですが、
「Autolockというアプリはありません」なんて答えてくる事がほとんどでホント役立たずです(泣)

でもでも、iOS10では各種設定画面へのショートカット作成は
ウィジェットからは実は可能なんです!

これで私もこの煩わしさから解放されたので、
皆さんにもシェアしたいと思います。(iOS10.3.1で動作確認済み)

スポンサーリンク

Launcherでショートカットが作れる!

まず、こちらのLauncher with Notification Center widgetsというアプリをダウンロードします。

2017-05-16_23h34_54

無料の奴で大丈夫です。

アプリを開き、「Add New」 を選びます。

2017-05-16_23h35_15

次の画面で「Custom Launcher」を選びます。

2017-05-16_23h35_28

そうすると、下記のような画面になるので、
「Name」の所には画面に表示したい名前を入力します。
オートロック設定画面のショートカットならば、「Autolock」とでも入力すれば良いです。
好きな名前を付けてください。

2017-05-16_23h36_08

次にURLの所なのですが、これがカギを握っています。

ここに、Prefs:root=から始まる、特殊なURLを記入する事で、
設定の内部へのショートカットURLを作る事ができるのです。

そのショートカットURL集が下記のサイトにありますので
そこからご自身の目的のショートカットURLを見つけてください。

【iOS10】(改訂)iOS10で使える標準アプリのURLスキーム一覧

iOS12で使える標準アプリのURLスキーム

例えば、私であれば、オートロック時間の設定画面に飛びたいので、
URL記入欄に

Prefs:root=DISPLAY&path=AUTOLOCK

と入力します。

そして、後はこのままだとアイコンがブランクなので、
アイコンを選びます。アイコン部分をクリックし、
「Custom Icon」を選択します。

2017-05-16_23h45_55

次に「Choose App Icon」を選択。

2017-05-16_23h46_08

すると、世界中のアプリのアイコンがA-Z順で一覧で出てくるので
その中から自分の好きなアイコンを選びます。

2017-05-16_23h49_36

最後に右上角にあるティックマーク「✓」をタッチして完成です。

Widgetに表示させる

そしたら、実際にWidgetに表示させます。

2017-05-16_23h53_07

Widgetを開いて(home画面で左から右にスワイプ)
一番下にあるEditボタンを押します。

その中からLauncherを選んで+ボタンを押して、完了を押します。

2017-05-16_23h55_14

これで、無事Widgetにショートカットアイコンが表示されるようになりました!!

2017-05-16_23h58_05

このショートカットボタンを押せば、一発でアクセスしたい設定画面へ移動出来ます。

ホーム画面で「左から右にスワイプ」、そしてショートカットをタップという感じで、下からスワイプで出てくるコントロールセンターと同じような感覚でアクセスする事ができるようになるわけです。

本当にこのショートカットがあるだけで、かなり便利になるので、
頻繁に変える設定がある人はぜひ使ってみてくださいね!

スポンサーリンク