MFクラウドで自動仕訳の残高と実際の銀行の残高が合わない時の対処法

最近、弥生の青色申告からMFクラウドに乗り換えました。

MFクラウドはネット銀行の取引やクレジットカード取引を
全部自動で取り込んでくれるのでものすごく便利です。

ただ、私の場合、1つ問題が発生しました。

実際の私の銀行口座残高と、MFクラウドに表示される残高が違うのです。



残高が実際より多い!?

問題が起きたのは、三井住友銀行の取引を「自動で仕訳」機能を使って取り込んだ時でした。

なぜか私の実際の口座残高より150円ほど多い金額がホーム画面の残高や、
「データ連携>登録済み一覧」の「資産」の欄に表示されているのです。

不可解なのは、これだけではありませんでした。

私は口座を三井住友銀行に1つしか持ってないのに、
MFクラウド上では2つの口座が表示されるのです。

そのもう一つの口座には「SMBCポイントバック口座」と書かれていました。

つまり、三井住友銀行のポイントが口座残高として設定されてしまっているのです。

結局このポイントが原因だった

MFクラウドの問い合わせからこの「残高が合わない件」をメールで尋ねてみると、
ちゃんと返信が来ました。

結局、このポイントが残高に反映されてしまっているとの事。

だからと言って、実際の私の口座残高と、MFクラウドに表示される残高が違うというのは
会計上、税務上、非常に困ります。

というわけで、対策方法を教えてもらいました。

取り込みたくない口座を削除する方法

「データ連携>登録済み一覧」を選んだら、赤い囲いの「連携データの選択」を選びます。

2017-05-30_18h50_25

そしてこの画面で、取り込みたくない口座のチェックを外して「保存する」を押せば完了です。

2017-05-30_18h53_03

実際に私の場合、SMBCポイントバックの口座のチェックを外した所、
ちゃんと残高が一致するようになりました。これで一安心です。

というわけで、同じような罠にハマった場合は
試してみてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク