ハピタスFX案件稼ぎを最大化せよ!各社の最大ポイント額と条件をランキング!2017

スポンサーリンク

ハピタスを始めとしたポイントサイトで毎月万単位で稼ぐには、FX口座開設をしていくのが一番手っ取り早く簡単です。

ポイントサイトで月2万円ほどのお小遣いを誰でもゲットできる現実に驚愕。自分も出来た。
ポイントサイト使ってますか?私も昔、ポイントサイトには登録した事がありましたが、 何日通っても数十円分程度のポイントしか貯まらず、すごく時間...

ただ、FX案件によっては条件が悪く、稼げるどころか損をしかねない案件も結構あります。
また、条件達成でもらえるポイント数も毎日変わるので、そのFX業者がポイントを最大限にUPしてる時を狙って申し込む事が稼ぎを最大化するために大事です(方法も後述します)。

ここでは各社の条件やポイント最大額などから、稼ぎやすい案件をランキングしていきます。

実際にFX案件に申し込む前にこのページを毎回チェックする事で、最大量のポイントをゲットできるチャンス時に各社に申し込み毎月がっぽり稼ぐ事が出来ます。

このページの案件をしらみ潰しに申し込んでいくだけでも、トータルで12万円以上を稼ぐ事が可能で、毎月万単位でお小遣いを手に入れる事が出来ます。

いつでも見返せるようにこのページをぜひブックマークしておいてくださいね。

実際の取引前に下記も合わせて読んでくださいね。

ハピタスでFX口座開設でポイントを稼ぐ時の注意点。逆に大損して泣かないために。
ハピタスなどのポイントサイトで稼ぐためや、自己アフィリを使うために FX口座を開設して取引してみる人も多いと思います。ただ、あなたも「FXっ...
スポンサーリンク

ポイントサイトFX案件稼げる度ランキング

それでは、FX業者各社の特徴をランキング形式で解説していきます。
(下記の条件は2017年8月時点を参考にしています。実際の条件はその時や使うポイントサイトによって異なる事があります。)

1位:DMM FX

ポイント最大値:18000円分のポイント
ポイント獲得条件:初回一括入金5万円、新規1lot取引完了

負けた時の損額:30円~150円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:17950円前後

ポイント獲得条件が簡単な上にこのポイントバック額はすごいです。
まず、新規1lotなので、実際に取引するのはたった1回で済みます。

そして1lotの取引で損するのは、せいぜい30円~150円ほどなので、
この1回の数十円の損で18000円ほどを得る事になります。

作業としてはほんの数秒であり、その数秒の作業で実質17950円ほどを稼げてしまうのはまさに夢のようです。

初期入金額5万円というのも、1lot取引の証拠金としては必要最低額と言えますし、
もちろん全額引き出せます(例えば、30円負ければ5万円が49970円となり、49970円がポイント確定後に引き出せます。)

ポイント付与も約1ヶ月で確定します。ポイント確定までの期間も短めなのも嬉しい所です。

2位:外為ジャパン

ポイント最大値:15000円分のポイント
ポイント獲得条件:初回一括入金5万円、新規1lot取引完了

負けた時の損額:30円~150円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:14950円前後

こちらもDMM FXと同系列会社がやっているFX業者で、ポイント獲得条件がDMM FXと同じです。

金額はDMM FXよりいつも若干低めに設定されてますが、同じく高額の案件なので、
DMM FXを申し込んだら、こちらも忘れずチャレンジしましょう。

DMMと外為ジャパン、両方を同じ時期にやる場合は、5万円づつ口座に入金しておく必要があるので、10万円の資金が最初に必要ですね。これはポイント確定までは引き出せない(引き出すとポイントが付かない)ので、余裕資金として10万円が必要です。

10万円も貯金がないという人は、DMMをクリアして、その5万円を引き出したら、今度は外為ジャパンにチャレンジすると良いでしょう。

3位:SBI FX

ポイント最大値:15000円分のポイント(+500円のキャッシュバック)
ポイント獲得条件:1万円以上の入金及び1通貨以上の取引

負けた時の損額:1円~10円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:15499円前後

SBI FXは条件が最も簡単かつ、高額キャッシュバックなのが、素晴らしいFX業者です。
他社が1lot以上の取引を条件としているなか、ここでは1通貨!

1lot=1万通貨なので、DMM FXなどの他社では1万通貨取引をしなければ条件達成とならない所、なんとSBI FXではたったの1通貨で良いのです。

画像のように、数量を1USDとするのがポイント。最初の設定では1万となっています。
そのまま取引を開始してしまうと、他社同様1万通貨取引となり、損額も30円以上となるので注意です。

しかも、この1通貨取引が完了すると、キャッシュバックキャンペーンで後日500円さらに入ってきます。

つまり合計、15500円(損額1円として、15499円)分稼げる事になります。

ただ、システムが脆弱だなという印象が若干あります。
というのも、FlashとJAVAを使った古いシステムでChromeやEdge、Firefoxでもチャートが表示されないので、Internet Explorerを使う必要があったり、ログインパスワードを変えたのに、その新しいパスワードでなぜかログイン出来ず、結局元のパスワードに戻したりと、お金を取り扱うシステムとしてはイマイチだなと感じました。動きも重めで微妙です。

いろいろと使いづらい部分があるため3位としましたが、
キャッシュバック金額や初回入金額など条件の簡単さを考えると1位でも良いくらいです。

4位:みんなのFX

ポイント最大値:23500円分のポイント
ポイント獲得条件:往復合計30lot取引完了

負けた時の損額:450円~2500円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:22000円前後

みんなのFXは、ポイントが最大の時はなんと2万円超えというポイントの時もある超高額案件です。最近は平均して15000ポイント位の時が多いです。それでも十分高額ですよね。

ただ、DMMやSBIに比べるとポイント獲得条件が難しくなるので、まずはDMM,外為ジャパン、SBIなどでFX案件のポイント獲得に慣れてからチャレンジすべき案件と言えます。

FXの仕組みがよく分からないのに、このみんなのFXにチャレンジすると、大きく損してしまう可能性もあるので注意が必要です。

この案件は往復30lot(新規注文15lot+決済注文15lot)必要です。

30lotをクリアするためには、まず最低でも5万円を口座に入金する必要があります。
というのも、1lotの取引をするためには、最低5万円の証拠金が必要だからです。

5万円入金したら、15回取引します。往復合計30回なので、
1lotで新規注文→決済を15回繰り返せば条件クリアです。

1回の取引で最低30円は損すると考えてください。なので30円x15回で、450円は損すると考えます(実際は値動きでもっと損すると考えて1500円前後は損すると考えてください。)

1500円損して、23500円のポイント獲得。つまり、22000円ほど稼げる案件だと思ってください。

最近はなかなか2万ポイント超えの時は見かけませんが、最低でも15000ポイントくらいもらえる時にチャレンジすれば、13500円ほどは稼げるわけですから、それでもDMMやSBIと同じくらい稼げる案件には変わらないです。

また個人的には非常にシステムが使いやすいと感じていて、
FXをやり慣れてる人にとっては損しづらいシステムになってる所も好感を持てました。
(私は実際、トータル15回の取引で損するどころか90円ほど勝ちましたし)

といっても、FX初心者の人は勝とうとすると、余計損が膨らんで、
1回30円の損で済む所が300円の損になったりするので、勝とうとせずにさっさと決済する事が大事だと考えてトライしてくださいね。もし300円毎回負けたらトータルで4500円の損という甚大な被害になっちゃいますからね。

ハピタスでFX口座開設でポイントを稼ぐ時の注意点。逆に大損して泣かないために。
ハピタスなどのポイントサイトで稼ぐためや、自己アフィリを使うために FX口座を開設して取引してみる人も多いと思います。ただ、あなたも「FXっ...

5位:マネックスFX

ポイント最大値:12000円分のポイント
ポイント獲得条件:往復10万通貨の取引

負けた時の損額:200円~1500円程度+書類プリント代50円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:11450円前後

マネックスFXは往復10万通貨の取引で時に1万円超えのポイントバックとなかなか良い条件のFX業者と言えます。スプレッドも0.2銭と狭め(多くの業者は0.3銭)なので、1回に被る損も抑えられるところもポイントが高いです。

こちらもまず1lot取引に必要な証拠金である5万円を最低でも口座に入れる必要があります。
5万円を入金したら、1lot取引を5回(新規注文→決済注文)やれば、往復10万通貨完了なので、取引回数も少なく、こなしやすい案件と言えます。

20円の損x5回=100円と損額の目安は100円~600円程度を考えておくと良いと思います。

また、注意点なのですが、マネックスFXはマイナンバー書類を後で郵送しないと取引出来ません。他社はマイナンバーカードをネットからアップロードすれば完了な所、ここは郵送する必要があります。つまりマイナンバーカードをコピーしてそれを返信用封筒で返送するわけです。

なので、コピー代金が余計に50円程度かかると考えてください。

なので、取引損額500円、コピー代50円、と考えると、実際に稼げる額は11450円程度と考えると良いでしょう。それでも万超えなので、やはりこちらもチャレンジするべき案件と言えますね。

6位:GMOクリック証券

ポイント最大値:5000円分のポイント
ポイント獲得条件:初回一括入金10万円、新規3万通貨取引完了

負けた時の損額:90円~450円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:4550円前後

GMOクリック証券はFXを実際にやってる人からは好評なFX業者です。
もらえるポイントは5000ポイントと今までに比べると劣りますが、3万通貨取引という事で、損額も控えめに抑えられるでしょう。

まず、ここは最初に10万円の入金が必要です。他社が5万円で済む所、10万円入れなくちゃポイントがもらえないので注意が必要です。

そして、新規で3回取引する必要があります。(新規注文3回+決済注文3回という事)。
1回の取引で30円の損をするとして、3回だと最低90円の損で済みます。
実際はもうちょっと損するとしても、手早く取引すれば200円程度の損で済むでしょう。

そう考えると実際の儲けは4800円程度になりますね。

今までの案件に比べると儲けは少ないですが、それでも少ない取引で安定して4500円前後は稼げるので、悪くないと思います。

7位:ヒロセ通商 LION FX

ポイント最大値:6000円分のポイント (*10000ポイントもあり(後述))
ポイント獲得条件:初回一括入金1万円以上、新規ポジション1万通貨取引完了

負けた時の損額:300円~1500円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:4500円前後

LION FXは他社と違い1lot=1000通貨なのがややこしいです。
通常FXは1lot=1万通貨です。対してLION FXは1lot=千通貨です。

これを踏まえると、1万円だけ入金して、1lot取引をUSD/JPYでする場合は、
100回取引する必要があります。

もしくは5万円入金して、10lot取引を10回(新規注文10回+決済注文10回)すれば、同じく条件達成となります。(10lot取引をするためには、証拠金が最低でも5万円必要です。)

それを踏まえると、LION FXの10lot取引での1回の損額は最低30円程度となります。(他社の1lotの損額と同じ)。

30円を10回負ければ、300円の損となります。もちろん実際にはもっと損するでしょうから、
仮に100円毎回負ければ、1000円の損となります。

となると、実際には5000円ほどの儲けが入ってくる事になりますね。

ただ、この業者も取引ツール自体は比較的使いやすいですし、悪くないでしょう。

<注意:楽天からだと10000ポイントも>

LION FXは2017年8月現在、楽天から申し込むと楽天ポイントが10000ポイントもらえるキャンペーンもやってますが、条件がその分悪くなります。

というのも、条件が30万通貨新規取引です。これは5万円入金して10lotで新規30回取引する必要があります。仮に50円の損x30回=1500円の損、100円の損x30回=3000円の損となります。

10回取引で5000円の儲け(ポイントサイト経由)
30回取引で7000円の儲け(楽天経由)

どちらが良いかはその人によりますね。取引回数が増えれば増えるほど、損する確率も上がります。下手に調子にのると、30回取引では、3000円以上の損も十分考えれます。
まあ、すぐ決済を繰り返せば、大きく損したとしても5000円程度で済むでしょうから、そう考えるとどっこいどっこいですかね。

8位:YJFX!

ポイント最大値:1000円分のポイント (*5000ポイントもあり(後述))
ポイント獲得条件:新規1万通貨取引完了

負けた時の損額:100円~300円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:700円前後

Yahoo!がやってるFX会社のYJFXですが、ポイントは以前は1万ポイントほどと高額だった時期もあったのですが、ココ数年はずっと1000円程度しかもらえない状態になっています。もう新規顧客はあまり必要ない状態なのかもしれません。

ただ、5000円分のポイントがもらえる所もあります。

それは、ヤフーの公式ページ経由です。
時々ヤフーの公式ページ(ヤフーズバトクなど)から、Tポイント5000ポイントを進呈というキャンペーンをやってます。(YJFX キャンペーンなどで検索するとそのページが出てきたり、ヤフーズバトクでくじ引きをしたり、YJカードのページなどから、そのキャンペーンが出てきたりします。)

条件は同じで、1万通貨取引なので、
1万円入金して、0.1lot取引を10回するか、
5万円入金して、1lot取引を1回するかで条件達成となります。

ただ、1つこのYJFXには問題点があります。

それはすぐスプレッドが広がる事です。

スプレッドは他社同様0.3銭を謳ってますが、突然スプレッドが開く事が多く、
例えば、通常スプレッドが0.3銭ならば、30円程度の損で済む所が、スプレッドが突然広がる事で、100円以上の損になったりするという事です。

なので、何度も取引するよりは、1lot取引1回で条件達成してしまった方が損は少なく済むでしょう。それによって、仮に150円損したとしても、Tポイントであれば、4850円分のポイントが手に入る事になりますが、ただTポイントの確定は3ヶ月後となるので、実際にTポイントが入ってくるまでの期間が長く、ポイント確定までは入金したお金を引き出すべきではないので、

そう考えると何かと面倒くさいなと感じる部分は多々ありますね。

とりあえず、ハピタスなどのポイントサイトでもまた高額案件として現れるまで
しばらく様子見しておくのが良いかもしれません。

9位:パートナーズFX

ポイント最大値:7500円分のポイント
ポイント獲得条件:10万円入金、新規10万通貨取引完了

負けた時の損額:300円~1500円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:6000円前後(+999円の特典あり)

まず、申込みに条件があります。
マネーパートナーズFXnanoなどのマネーパートナーズ系列の口座をすでに持っている人はポイント付与対象外になってます。
マネパカード(プリペイドカード)を持ってる人も対象外です。

また「パートナーズFXnano」での取引はポイント対象とならないので注意です。

最初に10万円入金する必要があります。そして取引を1lotで新規で10回(新規注文10回+決済注文10回)する必要があります。

10回取引なので、1回の取引で30円損するとして、最低300円程度の損で済みます。
1回の取引で100円の損したとしても、1000円の損です。

そんなに大きな損失にはなりませんが、ポイント最大額が控えめなので、トータルで6500円程度の儲けになると考えておくと良いでしょう。

ちなみにポイント対象とはならないFXnanoにも、1000円もらえるキャンペーンがあり、
初回ログイン時に1度だけ表示されるキャンペーンバナーをクリックして、FXnanoを1回でも取引すれば、1000円が口座に入ります。

通常は1lot(1万通貨)取引な所、nanoでは100通貨取引なので、
実際に取引しても、損する額は1円以下です。

なので、999円ゲットし、それを本口座に振替してまとめて出金すれば7500円前後の儲けとなり、結構美味しいと言えますね。

10位:OANDA Japan (オアンダ ジャパン)

ポイント最大値:6500円分のポイント
ポイント獲得条件:新規10万通貨の取引

負けた時の損額:400円~2000円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:4500円前後

オアンダは、ドル円のスプレッドが0.4銭です。他社平均が0.3銭なので、やや高いですが、悪くはない取引と言えます。

新規で10万通貨の取引(新規注文10万、決済注文も10万)なので、1lotで10回取引が必要です。

1回の取引で40円最低でも損するとして、10回で400円の損。1回150円損したのであれば、10回で1500円の損です。そう考えると、トータルで5000円程度の利益が出せると考えられます。

ポイントの最大額が低めなので、大きな利益は出しづらいですが、
取引回数10回と少なめなのは、とっつきやすい案件と言えます。

初回入金額に指定はないので、5万円入れれば1lot取引が可能です。

11位:FXトレード・フィナンシャル(注意点あり玄人向け)

ポイント最大値:14000円分のポイント
ポイント獲得条件:初回一括入金10万円、MT4にて新規50万通貨取引完了

負けた時の損額:1500円~7500円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:12500~6500円前後

FXトレード・フィナンシャルですが、こちらはMT4というFX玄人トレーダーが御用達のトレードソフトをパソコンにダウンロードして、それを使って取引する必要があります。

つまりパソコンが必要です。

初回に10万円入金する必要があり、新規で50万通貨取引(決済はカウントに含まない)なので、
1lot(1万通貨)で50回取引する必要があります。

スプレッドが0.3銭なので、1回のトレードで最低30円損するとして、それを50回で、1500円の損は最低でも覚悟する必要があります。仮に100円毎回負けたなら、5000円の損です。

そう考えると、実際の儲けは9000円程度になるかなと考えます。

他社に比べるとMT4を使う必要があるため、少々ややこしいのと、
50回というハードルも高めなので、取引に慣れてる人向けの案件ですね。

また、ポイント目的で、損失を最小にするために連打のような取引をしていると、警告が来るという情報が結構あります。

そう考えるとやはり玄人向きだなと感じます。

12位:セントラル短資FX(注意点あり玄人向け)

ポイント最大値:13000円分のポイント
ポイント獲得条件:往復50万通貨取引完了(片道25万通貨)

負けた時の損額:2500円~5000円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:8000円前後

まず、セントラル短資は3種類のFX口座があり、どれに申し込めば良いのかが分かりづらいです。

基本的には初心者向けのFXダイレクトプラスに申し込みます。

「スプレッドの限界に挑戦したスキャルピングOKのFX」との触れ込みの市場直結型ウルトラFXは一見良さそうに見えますが、ポイントを素直に稼ぎたいなら、FXダイレクトプラスにしておきましょう。

というのも、セントラル短資はスプレッドが他社より大きいです。使うFXプランや時間帯でも変化します。FXダイレクトプラスで大体1銭程度です。他社が0.3銭なので、比べると非常に損です。一回の取引で最低でも100円損すると考えられます。

対して上級者向けのウルトラFXですが、常にスプレッドが変化します。
マイナススプレッドという、得するタイミングもあれば、数秒後には10銭という、1lot取引でいきなり1000円マイナスになるような恐ろしい動きをするので、とてもじゃないですが、使い物になりません。

また、スマホだとチャート表示がなかったり、PCでも動きが重かったりするので、
申し込むのはスプレッドが1銭前後のFXダイレクトプラス口座にしましょう。

往復50万通貨取引なので、実際には、1万通貨で新規注文25万+決済注文25万となり、25回でポイント獲得できます。1万通貨の取引を行うために最低でも5万、スプレッドが大きい事なども考えて、7万位は証拠金として初回入金する必要があります。

仮に毎回150円負けたとすると、150円x25回取引=3750円の損となります。
なので、トータルで9250円前後の儲けが出ると考えられます。まあ、ポイントが高額の時に申し込めば悪くはないですが、ポイントが5000ポイントくらいの時に申し込むと下手したら損します。

時折キャッシュバックキャンペーンもやっており、それで25往復すると5000円バックされたりもするので、そういうキャンペーン時にうまくやれば、損した分は取り返せますね。

正直、1銭もスプレッドがあると、「損を膨らましてたまるか!」と熱くなってしまい、ギャンブラーと化してFXで大損する人の典型になってしまうので、
毎回数百円の負けを許容できる強い精神力がある人以外にはオススメしない案件です。

13位:FXプライム(注意点多々ありで玄人向け)

ポイント最大値:10000円分のポイント(+ボーナスキャッシュバック4000円 *後述)
ポイント獲得条件:新規30万通貨取引完了

負けた時の損額:1800円~6000円程度(例外の手数料注意*後述)
損額を差し引いて得られる実際の利益:5000~1万円前後

まず、このFXプライムは隠れた条件などがあり、玄人向けなので、初心者の方は損する可能性が非常に高いです。あまりオススメできる案件ではありませんが、条件をしっかり理解すれば、手堅く儲ける事も可能です。

最初に「選べる外貨」というFX取引を使う必要があります。
ちょいトレFXなど他のもありますが、それらでは条件達成とならないので注意してください。

そして、スプレッドがUSD/JPYで0.6銭あります。他社が0.3銭が普通なので倍です。
つまり、1回の取引で最低60円損します。それを30万取引(新規30回+決済30回)する事になるので、最低でも1800円は損する事を見込む必要があります。

また、注意点2として、1万通貨以上で取引しないと、別途手数料が取られます。

取引数量を1万通貨以上で取引しないと、1通貨あたり3銭の手数料がかかります。
例えば1000通貨で取引したならば、300円ほどの手数料が毎回の取引で取られます(つまり大損です)。

この会社はlotでは表現していませんが、この点を気を付けてください。

10000通貨単位の取引をするためには、最低でも証拠金は5万円は必要なので、
5万円以上の入金が必要です。(スプレッドや手数料が他社とは違うので5万円でも足りないかもしれないので、7万円ほどの入金と考えておくべきです。)

ポイントについてですが、
ハピタスなどのポイントサイトでは、4000円程度ですが、
現在Tモールから申し込むと、10000Tポイントがもらえます。条件は一緒です。

仮に毎回100円負けたとすれば、100円x30回で3000円の損です。
ポイントサイトだと1000円稼げるか、もしくはトータルで損する事も考えられますが、
Tポイントであれば、7000円分くらい稼げるとも言えます。

また、頻繁にやっているキャッシュバックキャンペーンも適用されるので、

【条件1】 ログイン+入金⇒500円キャッシュバック

【条件2】 『選べる外貨』1回以上取引⇒+1,000円キャッシュバック

【条件3】 『選べる外貨』新規10万通貨以上取引⇒+1,500円キャッシュバック

【条件4】 『選べる外貨』のスマホアプリ「PRIMEアプリS」経由で1回以上の取引⇒+1,000円キャッシュバック

【条件5】 『選べる外貨』新規50万通貨以上取引⇒+2,000円キャッシュバック

【条件6】 口座開設日の翌日から15日以内に、1~5の条件をすべて達成⇒+2,000円キャッシュバック【条件7】 1~6の条件をすべて達成+口座開設した月の翌月末の営業日の代表口座(『選べる外貨』)の残高が30万円以上⇒+2,000円キャッシュバック

2017年8月現在

このうちの条件1、2、3は今回の30万通貨取引で自動的に消化されるので、3000円はゲットできますし、スマホからの取引を1度でもやれば、条件4も達成となり、4000円キャッシュバックされます。

そう考えると

  • ポイントサイト 1000円の儲け+キャッシュバック4000円=5000円の儲け
  • Tポイント7000円分の儲け+キャッシュバック4000円=11000円の儲け

となり、いずれにせよ得する事にはなります。

ただ、Tポイントは付与が大抵遅い(3ヶ月後とか)ので、そこは注意が必要です。

申し込む時は、必ずキャッシュバックキャンペーンも適用されるか、キャッシュバックの条件が変わってないかも合わせてチェックする必要があります。

いろいろとややこしいので、しっかりFXを理解してる人のみが挑戦するべき案件と言えるでしょう。

14位:【JFX】 MATRIX TRADER

ポイント最大値:12500円分のポイント
ポイント獲得条件:新規約定50万通貨以上の取引

負けた時の損額:1500円~7500円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:11000~5000円前後

JFXのMATRIX TRADERでの取引で、ポイントがもらえます。JFXは基本1lotが1000通貨設定なので、10lot取引を50回(決済注文はカウントされない)する事で条件達成となります。

50回なので、ちょっと大変ですね。
ただポイント額が万を越えてる時を狙えば、利益は出せるでしょう。
逆に万を越えてない時に申し込んでこの条件を達成しようとすると、トータルで損をする可能性も出てきます。

スプレッドはドル円で0.3銭と他社と基本的には同じなので、1回の損は最低で30円といった所です。30円x50回取引=1500円の損。1回に付き100円負ければ、5000円の損失が出ます。これくらいの損失は覚悟しておきましょう。

ちなみにキャンペーンもよくやっており、ドル円を80万通貨以上取引すると1万円もらえるという条件だったりします。さらに30回取引して、プラス1万円もらう事が出来ます。

30回の取引で1万円という案件であれば、悪くない条件なので、
キャンペーンも同時に申し込んで、トータル80回取引、合計22500円ゲットを目指すのも悪くないでしょう。その場合、例えば、1回の損失が80円と過程すると、80円x80回で6400円の損なので、トータルで22500-6400=16100円程度の儲けを得れるという感じですね。

まあ、取引回数が取引回数なだけに、玄人向けだと思います。

15位:FXブロードネット(注意点多々あり。玄人向け)

ポイント最大値:12000円分のポイント
ポイント獲得条件:トラッキングトレードで新規60万通貨取引、10営業日以上の運用

負けた時の損額:1800円~9000円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:10000~3000円程度

FXブロードネットは条件が非常にややこしく、よく理解してからやらないとそもそもポイントがもらえないなんていう悲劇が待っています。

まず、申し込み時にブロードコースとブロードライトコースの選択があります。

ブロードコース=1lot 1万通貨
ライトコース=1lot 1000通貨

という違いがあり、ライトコースの方が少額取引が出来ます。どちらを選んでも良いですが、
60万通貨取引をこなす必要があるので、ブロードコースで良いと思います。

そして、FXブロードネットでは、ただ取引するだけではポイントはもらえません。
トラッキングトレードという独自のシステムトレードを使う必要があります。

このトラッキングトレードシステムを介して1lot(1万通貨)取引を新規60回(決済注文はカウントされない)する必要があるのですが、条件はまだあります。

10営業日の運用(1日1回の取引で1営業日とカウント)が条件となっています。
つまり、最低でも10日間はトレードをやる必要があります。

つまり、1日6回のトレードを10日間やる事で、条件クリアとなります。
FXは平日しか出来ないので、条件クリアまで2週間かかりますね。

一応スプレッドは0.3銭と他社と同じなので、1回の最低の損失は30円程度です。
30円x60回の損失で1800円の損失。1回100円負ければ、6000円の損失です。

それでも一応、条件をちゃんと守れば、6000円位トータルで儲かるとは思います。

正直、操作が分かりづらいので、もしやるのであれば、
経験者のブログなどを参考にする必要がありますね↓

http://www.heymilelab.com/entry/fx-broadnet-mile-jissen#4ポイントの確定までの判定期間は

16位:岡三オンライン証券 (超初心者向け)

ポイント最大値:4200円分のポイント
ポイント獲得条件:口座開設完了

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:4200円

岡三オンライン証券は、口座開設するだけでポイントがもらえる非常に簡単な条件となっています。口座開設だけでもらえるポイントとしては、他の案件に比べると高い案件と言えます。
ぜひポイントが最大額の時に狙っていきたい案件です。

17位:カブドットコム FX (超初心者向け)

ポイント最大値:1600円分のポイント
ポイント獲得条件:初回ログイン

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:1600円

カブドットコムFXは「カブドットコム」と「カブドットコムFX」の2つの案件を出しており、
どちらに申し込んでも、ポイント額は一緒で、条件もログインだけすれば良いという条件です。

どちらか一方にすでに申し込んでいると、ポイントは付きません。

ポイント額は少ないですが、ログインだけでポイントが付くので、リスクなしと言えます。

18位:ライブスター証券 (口座開設のみの場合)

ポイント最大値:1400円分のポイント
ポイント獲得条件:口座開設(取引や入金が条件のものもあり。)

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:1400円

ライブスター証券は、口座開設のみでポイントゲットできる条件のものと、入金や取引もしてポイントゲットできるものの2種類が出ています。

正直、取引も含む条件の場合は、条件が厳しく、トータルでマイナスになる可能性が高いです。

というのも、条件が往復200万通貨となっており、スプレッドも0.9銭と広く、最低でも9000円は損すると考える必要があります。それでもらえるポイントが3000前後なので、現時点の条件だと損しかしません。

しかし、ちょびリッチなどのポイントサイトによっては、口座開設のみで1400ポイントほどもらえる条件の時もあるので、その時を狙って申し込むと良いでしょう。

19位:SBI証券 (特殊な条件あり)

ポイント最大値:4000円分のポイント
ポイント獲得条件:口座開設完了+5万円の入金(特殊なので注意)

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:4000円(+450円)

ちょっと特殊なので条件をよく理解してから、ある順番に従って申し込む事で、最大4450円をリスクなしで得る事が出来ます。

まずは、一番条件が良い「SBI FX」に先に申し込んで、これをクリアしてからこちらに挑戦すると良いでしょう。

次にこの「SBI証券」ではなく、先に「住信SBIネット銀行」にポイントサイト経由で申し込みます。

というのも、ポイント獲得条件に「SBI証券から住信SBIネット銀行のハイブリット預金に振替」という条件があるので、SBI証券に申し込む際に住信SBIネット銀行にも申し込む事になります。

だったら、先にSBI銀行の方だけポイントサイトから申し込んでしまいましょう。
そうする事で、450ポイントほどゲットできます。

SBI銀行の口座開設がちゃんと完了したら、今度はSBI証券にポイントサイトから申し込みます。

SBI証券の口座開設も完了したら、今度はSBI証券とSBI銀行を「ハイブリット預金」の「預り金自動スィープサービス」にウェブサイトから設定し、SBI証券から5万円を入金する事で条件達成となります。

この辺はすごくややこしいので、ちゃんと条件を満たすために、下記のサイトなどを参考に実行すると良いでしょう。

SBI証券はIPO投資をするには必須の証券会社で、その上、ポイントサイト経由なら4,000円分のポイントが貰えてしまう、超おすすめの大人気案件です。 (画像はハピタス)
前回はSBI証券と住信SBIネット銀行の、口座開設完了までの流れを説明させて頂きました。 今回は「SBIハイブリッド預金」の利用申し込みと、ポイント条件である5万円の入金・振替までをご説明させて頂きます。 まずは住信SBI…

基本的に損はしない案件で、4000円ゲットできるので、ややこしいですが、かなりお得な案件と言えます。

イマイチFX案件

逆にここはポイントを稼ぐどころか損(赤字)になる可能性が高い、避けた方が良いFX案件も書いていきます。

ひまわり証券

ポイント最大値:12000円分のポイント
ポイント獲得条件:新規100万通貨取引完了

負けた時の損額:10000円~20000円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:0円orマイナスも。。

ひまわり証券のひまわりFXですが、ポイント額は大きくてもトータルで負ける可能性が高く、とてもじゃないですが現在はオススメできない案件になっています。

以前の条件は往復で50万通貨というそんなに悪くない条件でしたが、現在は新規で100万通貨(決済注文はカウントしない)という事で、1lotで100回取引する必要があり、

しかもスプレッドが大きく、ドル円で1銭ほどとなっており、1回の損も100円ほど損する可能性があります。100円を100回失えば、1万円です。これではポイントがいくら1万円台とはいえ、リスクが高すぎます。正直トータルでマイナスになり、骨折り損に終わる可能性の方が高いです。

特に初回入金額の明示はないので、5万円入れれば取引が一応できるとは思いますが、
スプレッドが大きい事や、100回の取引中に負け続ければ証拠金不足になりますから、
10万は最初に入れておかないとやっていけないでしょう。

なので、条件がゆるくならない限りはひまわり証券でのポイントは狙わない方が良いです。

外為オンライン

ポイント最大値:13000円分のポイント
ポイント獲得条件:初回一括入金10万円、新規100万通貨取引完了

負けた時の損額:10000円~20000円程度
損額を差し引いて得られる実際の利益:0かマイナス

外為オンラインは条件が厳しすぎます。新規で100万通貨取引という事なので、1lotで新規100回取引(決済注文はカウントされない)する必要があります。しかもドル円のスプレッドが1銭ととても大きいです。1銭という事は1回の取引で最低損額が100円という事です。

100円を100回負けたら10000円の損です。実際はもっと損すると思います。
毎回150円ほど負けたら15000円ほどの損になるわけで、そしたらトータルでマイナスです。

単純にFXで勝ちを狙っていくとしても、他社がスプレッド0.3銭の所、1銭で勝ちを狙っていくのはかなり厳しいです。

というわけで、こちらは条件が変わらない限り申し込まないのが吉と言えます。

Horizon Auton【東岳証券】

ポイント最大値:1400円分のポイント
ポイント獲得条件:400枚の取引

負けた時の損額:40000~80000円
損額を差し引いて得られる実際の利益:マイナス数万円

こちらは聞き慣れない投資業者で、実際この案件はマイナスにしかならないので
決して申し込むべきではないです。

400枚の取引というのは、1枚=1lot(1万通貨)の事です。
つまり400回の新規取引で条件達成となります。

しかもドル円のスプレッドが1銭もありますから、1回の取引で最低100円負けるとして、
400回で40000円損です。

それでいて、もらえるポイントは1000円分前後と、得な事が何一つないので、決して申し込まないように気を付けてください。

パートナーズFXnano

ポイント最大値:500円分のポイント
ポイント獲得条件:初回ログイン

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:500円

パートナーズFXnanoに申し込むのはもったえないです。というのも、こちらに申し込んでしまうと、もう一つの案件のパートナーズFXに申し込んだ時にポイントが付きません。

こちらはログインだけでポイントが付きますが、たった500円の利益です。

対してパートナーズFXであれば、7000円近いポイントバックを得る事が出来ます。
なので、こちらの案件は条件が簡単とはいえ、申し込まないのが吉です。

松井証券

ポイント最大値:500円分のポイント
ポイント獲得条件:口座開設完了

負けた時の損額:0円
損額を差し引いて得られる実際の利益:500円

口座開設だけでポイントがもらえる松井証券ですが、
額が数百円なので、申し込むほどではないと思います。

下手すると、マイナンバー書類などのプリントアウトで数百円使う可能性があるので、
トータルでマイナスなんて事もありえます。

今後もし、ポイントが1000ポイント台にでもなれば、狙っても良い案件だと思います。

アイネット証券 ループイフダン

ポイント最大値:11000円分のポイント
ポイント獲得条件:ループイフダンで新規100万通貨取引(決済注文含まず)

負けた時の損額:20000~40000円
損額を差し引いて得られる実際の利益:マイナス

アイネット証券はいろんなFXシステムをポイントサイトで案件として掲載してますが、
ここ最近はループイフダンというシステムトレードのみを出しています。

このループイフダンというシステムを使ったトレードのみがカウントされるので、
普通にFX取引を手動でやってもポイントは入りません。

また、スプレッドも2銭とめちゃくちゃ高いです。2銭という事は1万通貨取引1回で200円最低でも損するという事です。それを100回で、20000円は損する覚悟をする必要があり、
これはトータルでマイナス(赤字)になってしまう可能性が大です。

やるだけ損する条件なので、決して申し込まないように。

ポイントの最大額をゲットするために!

FX案件はポイントサイトでも稼ぎの要となる案件です。
なのでトータルで大量のポイントを貯めるために、付与ポイントが高い時に狙いを定めて申し込む必要があります。

まずはハピタスをチェック!

まずはハピタスなどの自身がメインに使っているポイントサイトのトップページを見ます。
どのポイントサイトも高額ポイントバックキャンペーンのものはトップページに出てきます。

特にハピタスであれば、トップページをスクロールすると出てくる「みんなdeポイント」の欄をチェックします。
ここに表示されている時はいつもよりポイント数がアップしているからです。

そして、今回のこのページの最大ポイント額と比べてみて、
悪くない数字であるのなら、申し込みを検討します。

どこ得を合わせてチェック

どこ得というサイトがあります。

このサイトはどこのポイントサイトが一番付与ポイントが大きいかを
自動的に比較して教えてくれるサイトです。

上記画像ではFXプライムと入力して検索した画面です。
例えば、ハピタスやお財布.comは他のサイトより多くのポイントがこの時は稼げる事が分かりますし、Tモールだけズバ抜けて高額なのが分かります。

普段ならこの場合、ハピタスから申し込みますが、
私はTポイントも普段使っているので、この場合Tモールで申し込むと思います。

このどこ得を使って高額ポイントバックをやっている所から申し込むとより多くのポイントを稼げます。

ただ、獲得条件などが違う場合があるので注意が必要です。

また、ポイントサイトによってはポイントに有効期限があったり、
ポイントの交換先がイマイチ(例えばANAマイルを貯めたいのに、マイルに交換する術がない)などの悪条件も結構あるので、一概に一番高い所が良いとは言えません。

使った事のないポイントサイトを使う場合は、
申し込む前になにポイントに交換可能なのか、何ポイント貯めれば交換できるのかなどを
後で後悔しないようにFAQなどからチェックしておきましょう。

また沢山のポイントサイトを使っていると、管理するのが大変です。
そのうち獲得した事を忘れてポイント失効させてしまうなんて事も起こります。

なので、自分がよく使うサイトを3つ程度に絞って、それらのサイトで高額ポイントバック中の時に申し込むのがベストです。

例えば、私がメインに使っているポイントサイトとして、

1位:ハピタス

2位:ちょびリッチ

があり、基本的にFX案件はこの2つからの申し込みです。
というのも、この2つはいつも高額ですし、頻繁にキャンペーンで上がってきます。
ポイントサイトでは大手なのでちゃんとポイントバックされる安心感も高いです。

ポイントサイトによっては悪徳でちゃんとポイントバックされないサイトもあるらしいので、
有名、安心なこれらのサイトから申し込むのが良いです。

ハピタスは1ポイント=1円ですが、
ちょびリッチでは1ポイント=0.5円表示で若干分かりづらいので気を付けてください。
(どこ得はちゃんとその辺がすでに計算された額が出るので非常に良いです。)

というわけで、申込みタイミングを見極めて、がっつり万単位でポイントゲットして、
欲しかったけど我慢してたものをそのポイントで手に入れちゃいましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク