銀行で破れたお札を交換してみた。手数料はかかる?理由は聞かれた?

スポンサーリンク

破れたお札を銀行で交換してみた

今回、真っ二つに破れてしまった1万円札があって、
とりあえずセロテープでとめてた奴を、銀行に行って交換してもらいました。

ここでは交換してもらう時の流れや、銀行員の方とのやり取りや聞かれた事、かかった時間など、いろいろ解説していきます。

スポンサーリンク

破れたお札を持って、銀行の受付へ

今回私は、自分の口座がある三井住友銀行に行きました。
入り口にインフォメーション係の人がいたので、そこで

「すいません、破れたお札を交換してもらいたいんですが」と名乗りました。

すると、

『かしこまりました。そうしたら、両替の窓口になりますが、その前にこちらの用紙の記入をお願いします』と、住所や名前、電話番号や両替金額を記入する用紙を渡されました。

用紙を記入する時に、そのインフォメーションのおねーさんが、
『ちなみに、どのように破れていますでしょうか、一応3分の2残ってれば、交換は可能ではございますが・・』というので、その破れた1万円をおねーさんに見せました。

「まぁ、3分の2というか、全部残ってるんで、大丈夫ですよね?セロテープで留めてますけど。」と聞くと、そのおねーさんはちょっと待っててくださいねと言って、その1万円札を持って、両替係の人に大丈夫か確認しに行きました。

すぐにおねーさんが戻ってくると、

『はい、交換可能ですが、お客様は当行の通帳はお持ちですか?』と聞かれました。

「はい、キャッシュカードなら持ってますけど」と言って、三井住友銀行のキャッシュカードを見せると、

『そうしましたら、この破れた1万円をお客様の口座に入金という形を取らせてもらいまして、そしてお客様の方ですぐ必要であれば、ATMで1万円をおろしてもらうという形でも構わないでしょうか?』

と提案されたので、「はい、全然それで構わないですよ」と快諾しました。

銀行側としては、一旦入金した方が、単なる両替よりも、お客さんから入金が自分の会社にあったという実績につながるのかもしれませんし、人によってはそのまま預けたままにしてくれて好都合という場合もあるのかもしれません。

『そうしましたら、申し訳ございませんが、こちらの入金用の紙に記入頂き、こちらの番号札をお持ちになってお待ち下さい』という事で、

両替用の紙は処理され、入金用の用紙に名前と金額だけ記入して、番号が呼ばれるのを待ちます。

破れたお札の交換にかかった時間は?

私が行った時は比較的空いていたので、5分ちょっとで呼ばれました。

「この破れた1万円を入金したいんですが」と言って、キャッシュカードと破れた1万円札を出すと、では、そちらで座ってお待ち下さいと言われ、2、3分ほど待ちました。

きっとこの間、偽札ではないかとか、いろいろチェックもしてたんじゃないかなと勝手に思いながら、『お待たせしました。入金の方完了しましたので、ありがとうございました。』と、キャッシュカードと入金の明細を渡されて終了です。

全部の流れを通して、トータルで15分程度だった感じです。

破れたお札の交換に手数料はかかった?

この後、すぐ同じ店舗内のATMで1万円を下ろして、無事破れたお札の交換が完了しました。

ちなみに今回手数料は1円もかかってません。

窓口入金ですが、特に手数料は取られませんでしたし、
ATMも同じ店舗の営業時間内ですから、手数料は取られていません。

ATMの時間外に下ろしてしまうと、ATM利用手数料がかかってしまうので注意です。
(通常平日の9時~18時までがATMの営業時間)

交換してもらう銀行のカードを持ってないと手数料はかかる場合も!

今回、私は自分の口座がある三井住友銀行で交換してもらったので、手数料は一切かからずに破れたお札の交換をしてもらう事が出来ましたが、

基本的に破れたお札の交換は「両替」扱いになります。

そして、多くの銀行では、口座のないお客さん(その銀行のカードか通帳を持ってないお客さん)からは、両替手数料を数百円取ってます。

つまり、カードがないと、手数料がかかってしまう可能性が出てきますので、
必ず自分の口座がある銀行窓口にキャッシュカードか通帳を持って破れたお札の交換には行きましょう。

また、たとえカードを持ってても、大量の紙幣の両替となると手数料がかかったりもします。
三井住友銀行やみずほ銀行などの両替手数料を調べてみると、30枚以上の紙幣の両替には、手数料がかかる旨が書かれています。

まぁ、30枚以上の破れた紙幣の交換という状況もなかなか無いとは思いますが・・

(札束で猫が爪とぎしてしまったとか!?そもそもそんな大量の破れたお札だと、何があったのか事情聴取されそうですね:汗)

30枚以上の交換という場合は、1日30枚を限度に交換してもらいに行くとか、
複数の違う銘柄の銀行に交換してもらいに行くなどしないと手数料がかかりそうですね。

お札が破れた理由は聞かれたか?

ちなみに、なぜお札が破れてしまったのかという質問は私の場合は一切されませんでした。

「あぁ、破れたお札の交換でございますね。かしこまりました~」という感じで、
特に何か質問されるような場面は全然ありませんでした。

破れたお札の銀行での交換 まとめ

  • 破れたお札の交換は両替なので、交換してもらう銀行のカードを持ってないと、両替手数料がかかる可能性がある
  • 銀行のカードを持っていれば、手数料なしで交換できる
  • 30枚以上の破れたお札の交換となると、両替手数料が発生する可能性が出てくる。
  • 破れたお札の入金(預金)→ATMで新しいお札を下ろすという流れになった。
  • 破れたお札の3分の2以上が残ってないと交換不可
  • 破れた理由を聞かれたりはしなかった

というわけで、こちらの過失でお札を破いてしまったにもかかわらず、
無料で交換してる銀行さん、ありがとうございました。

同じようにお札が破れてしまった時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク