【なんでタイ人と国際結婚 Vol.13】思ったよりイケメンじゃなくて残念!の女

オーストラリアに自分探しの旅に出た冴えないフリーターのYが、
なんだか知らんけど未知の生物であったタイ人女Cと出会い、国際結婚に!
そこから起業してフリーター貧乏生活から脱出するノンフィクション・ドキュメンタリーを綴っていく国際婚活物語 Vol.13。(Vol.12はこちら)

前回、変な女にちょっかい出して、大失敗したY氏。
正直、もう彼女探しにも、いい加減疲れてきていた。
しかし、神はここでさらに気まずいゲームを仕掛けてくるのであった。


ここんところは、語学学校でクラスの仲間と英語の勉強を頑張っていた。
そこで、同じ学校に先日偶然入学してきた、私のシェアメイトの韓国男のS(S男としよう)が
こんな事を言ってきた。



空気読めないS男のかき回し

ある日、シェアハウスにて。。

「Y氏~、今日もワックスでツンツン頭にして決めてんな。いいじゃねぇか、それ。

実は知り合いに結構カワイイ韓国女がいてよ、
そいつ、今度、俺たちの語学学校に入学してくるっていうんだよ。

だから俺、その女にさ、
イケメンの日本人がいるから期待しとけって言っといたからさ、

そいつが来る時に、ビシっと髪型決めて、デコレーションして行けよ~。
Y氏もチャンスだぜ!」

「ファッッ!?」

お前は、一体何を言ってるんだS男(汗)!?

そもそも、俺は女紹介してくれとか、一言もこいつには言ってないし、
なんで俺をイケメン貴公子みたいに、勝手に吹き込んでるねん!!

イケメンとか言ってくれたのお前だけだぞw

あのなぁ、こういうのは、期待を高めれば高めるほど、ハードル上がって、
いざ会った時にガッカリするもんなんだよアホーー!!

こんなふうにな。。(ハガレンの某シーンのように。。)

と、脳みそパッパラパーのS男のお節介に参る私。

噂の女がやってきた

その美女が来るという日は、もうハードルが上がりまくってるので、
逆に私は、頭ボサボサ、ひげボーボーのいかにも冴えない感じで、学校へ行った。

うん、これで変に意識される事もないし、
こちらもどう思われてもいいやという気持ちでいられる。

実際、自分のクラスには、S男の宣告通り、新しい女が入ってきた。
確かに他の方々に比べると、整ったお顔、ややお高そうな女なのは伝わってきた。

なんか偶然、私の隣に座る事になり、
その女が話しかけてきた。

「あなたが、S男が言ってた日本人ね。うーん、でもS男が言うほど、イケメンってほどでもなくて残念~。」

プチッ。。

とちょっと頭来て、顔が引きつるY氏。

なんだこいつ、うぜ~~~!!

そういうてめぇも思ったほど美人じゃなくてガッカリだよ、ばーーか!って
口に出そうと思ったけど、心の中で言いつつ、

「フン」と鼻で笑ってやった。

でも、ほんと、ヒゲボーボーで来て正解だったかも。
だって、決めっ決めで同じ事言われたら、ダメージもっとデカイじゃん(汗)。

先生が、「Y君、隣の新入りさんに教科書を一緒に見せてあげて」というので、
仕方なく、そのムカつく女と自分の教科書を共有。

まあ、この後は、可もなく不可もなくって感じで、授業は進み、

休み時間は、クラスの他の女の子達と談笑して、
別にお前に好かれなくてもモテてるよバーカ!アピールをしておいた
(爆:結構心にぐさっと来たのね。。)。

結局、この新入女とは、それ以降は、特に大きな接点もない感じで、
そのうち、その女も違うクラスに移っていった。

ちなみに、後日談だが、
この学校を卒業した後、久しぶりにクラスメイトとお茶する機会があって、
その時、前々回出てきた身持ちが固いバリアちゃんと、
もうひとり仲良くしてくれてたおばちゃんの二人が、

「ねぇ、Y氏、あんた実は裏ではすごい人気だったのよ。ある女なんか、『あんた達、Y氏といつも話してて仲良いみたいだけど、Y氏って彼女いるの?連絡先知ってるなら教えてよ』って言ってきてさぁ~、断ったけど。(´∀`*)ウフフ」

と言っていた。マジかよ。。って、あの女じゃねーだろうなぁ。。。
と思わず勘ぐってしまった。

あ、でもあの女だったら、S男経由でウチくる事もできるし、それはないか。。
自意識過剰でした。

次回、Y氏は、頭パッパラパーなS男から、あるとんでもない提案を受ける。
S男の提案に乗るのか乗らないのか、風向きが変わり始めるVol.14へ続く。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク