Samsung S20 FE 5G を買ってみた。デカイ!?レビュー。

スポンサーリンク

先日、Expansysで「Samsung Galaxy S20 FE 5G」を購入しました。
FEはFun Editionの略で、価格的には10万円前後するGalaxy S20を大型化し、スペックを多少削って6万円台にしたみたいな奴になってます。

大型化した方が高くなる気もしますが、部品を小さく軽量化する方がきっと大変でコストもかかるんだと思います。

今回はこのGalaxy S20FE 5G について使用感などをレビューしていきます。

Expansysで海外スマホ買ってみた。配送でトラブル?!

スポンサーリンク

Galaxy S20FE 5Gのレビュー

とりあえずS20FE、要点を先にまとめると

  • デカイ!そして結構重い
  • 画面は超きれい
  • アプリ立ち上がりなど超高速
  • Android10がデフォルトで入ってた
  • 香港版なので、シャッター音はサイレントにすると鳴らない
  • 指紋認証と顔認証両方使える
  • USB Type-Cで充電
  • イヤホンジャックないけど、USB-Cコネクタで代用できる
  • SIMは2枚入る。SDカードも使える
  • カメラはS7とそんなに変わった感じはしない
  • 日本語表示、入力可

こんな具合でした。

S20FEはデカイ!そして結構重い

まず、S20FEを使ってみて感じた事。デカ!重!

とにかくデカイです。画面見やすい!!

男性のズボンの脇ポケットには一応すっぽり入りますが、
これで自転車乗ったり、車の運転するのは結構きついという印象です。ていうか、ポロッとポケットから勝手に落ちると感じました。

そして、重いです(笑)。本体190g。

正直片手でずっと持ってると、手首疲れてきます。

格安の中華フォンはもっと重いらしいので、どんだけやねんと思います(笑)。

もうちょっと軽くて、ポケットサイズでいけるのが欲しい場合は、
FEではなくて、ノーマルのS20やS21の方が良さそうです。

男性の私の手で、画面の左端のアイコンはさすがに届かない感じでした。

ただ、以前S7edgeを使った時は、画面端に触れて誤動作する事が多かったのですが、今回のは画面がフラットで全然誤動作がなくて、非常に快適に感じました。あのedgeスクリーンは失敗だったと思う(笑)。

画面は超きれい

画面、めちゃくちゃ綺麗です。S20の廉価版ですが、画面は一切抜かりありません。写真が張り付いてるかのような美しさです。

アプリ立ち上がりなど超高速

例えば、今でも使ってるiPhone6だとPaypay立ち上げるのに15秒くらいかかるんですけど(汗)、S20FEだと1秒でパッと立ち上がります。

Snapdragon865を積んでるだけあります。もたつきにイラつく事がないのは最高ですね。

Android10がデフォルトで入ってた

デフォルトで入ってるのはAndroid10でした。シャッター音改悪などで話題のAndroid11がデフォじゃなくて良かったって感じです。

香港版なので、シャッター音はサイレントにすると鳴らない

あと、香港版S20FEはシャッター音やスクリーンショット音は、サイレントモードだと鳴りません。Android11にアップグレードした場合、鳴り出す可能性はあります。

今の所、日本のSIMカード突っ込んでも無音のままです。

特にシャッター音に関する設定項目はなく、デフォルトで消える仕組みになってます。

指紋認証と顔認証両方使える

で、めちゃくちゃ便利なのがコレ。

画面内指紋認証で、電源ボタン押さずとも、画面が暗い状態で画面に指を置くと、指紋検知してホーム画面が開きます。すごい!

指紋認証の位置は決まっていて、画面のこの位置以外では開かないです。

顔認証も電源ボタンONですぐ解除。解除後ロック画面を表示するか、ホーム画面にそのまま飛ぶかは設定で決められるので、その点はiPhoneよりかなり便利です。

どちらも快速で最高に使いやすいです。

USB Type-Cで充電

S20FEは、USB-Cコネクタで充電になってます。Micro-USBと違って裏表気にしなくていいのが便利ですね。

イヤホンジャックないけど、USB-Cコネクタで代用できる

S20FEは残念ながらイヤホンジャック無いです。でもUSB-Cイヤホンジャック変換コネクタを買えば、有線イヤホンも今まで通り使えます。特に設定は不要で、パコっと差し込むだけですぐイヤホン使えます。

自分はApple純正のUSB-Cイヤホンジャック変換コネクタを使ってますが、問題なく接続できました。イヤホンの音量ボタンも一応反応してます。Line通話とかも問題なくできました。

ちなみに、元々の付属品にはワイヤレスイヤホンも有線イヤホンもどちらも付いてないので、イヤホンは別途買う必要があります。

SIMは2枚入る。SDカードも使える

S20FEはデュアルSIM対応です。ただ、SIMスロットの片側はSDカードと共用なので、SDカードを使う場合は、SIM1枚しか挿せない仕様です。

裏表に1枚づつはめ込む感じになってました。

E-SIMには非対応です。E-SIMとかむしろ不便だろって個人的には思いますけど・・

日本のSIMは使えるのか?

一応S20FEの香港版ではLineMobileの格安SIM入れた感じではDocomoの電波は拾ってます。プラチナバンドは拾わないです。4Gで接続されます。5G対応機種ですが、日本の5Gが使えるかは試してないです。この辺は対応バンドをよく調べる必要ありです。

技適はノーコメント。

カメラはS7とそんなに変わった感じはしない

S20FEのカメラ性能ですが、S7edgeと比較して、そんなに何か変わったかと言われると変わった感じはなしです。セルフィなんかはいかにもサムスンっぽい色合いだなぁという感じ(なんか顔がファンデーションしてるみたいな色合いになる。この辺は調整でもっと自然な色に直せる)。

一応ナイトモードありますけど、暗い闇夜でセルフィとかはかなり厳しい感じでした。まあインカメラも画面フラッシュ使えるんで、フラッシュ撮影なら可(おばけみたく映るけど・・)。

これは部屋を真っ暗にして撮った写真。アウトカメラではまあそれなりに暗い所でも撮れるっちゃ撮れます。ただ夜景でセルフィとかは結構厳しい感じでした。そこは残念な点。

スローモーションなんかの一通りの撮影機能は付いてますので、いろんなモードを楽しみたい場合には問題なし。手ブレ補正も付いてます。ただ、カメラ性能自体は値段に反映されてる感ありますね。

日本語表示、入力可

香港版S20FEですが、問題なく日本語表示も出来れば、日本語入力もできます。なんか格安中華フォンだと、日本語入力がないものもあるらしいですが、その点S20FEは問題なしでした。Qwerty、フリック入力、どっちも選べます。

付属品一覧

  • 保証書
  • 充電アダプタ
  • USB-Cケーブル
  • SIMピン

が付属。私が買ったExpansis側で

  • スマホTPU透明ケース
  • 日本のコンセント用変換アダプタ

の2つはおまけとして付いてました。

ちなみに最初から画面に貼ってある保護シートが一切気泡など入らず案外綺麗に付いてて、
「え?これ別に画面保護シートに張り替えなくても良くね!?」って感じになったので、そのまま剥がさず使ってます(落とした時の耐久性はどうなのかわかりませんが・・)。

S20FEはありか?

Galaxy S20FE 5Gはありかどうかですが、
ポケットに入れて持ち歩く派でなければ、大画面で操作しやすく、しかもサクサク動くのでアリだと思います。

6万円台でこれだけハイスペックなのは素晴らしいです。

ただ、S21FEがもうすぐ出るという噂もあるので、待てるならそっちを待つのもありですね。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク