ノートPCにBluetoothを増設(内蔵化)。自分で格安でやってみた!

スポンサーリンク

当方が10年近く使っているノートPCなんですが、
実は今どき必須のbluetoothが着いてませんでした(汗)。

最近は私もワイヤレスイヤホンを使うようになったのですが、
肝心のPCの方ではそのままだと使えないので、
今まではUSBを使ったBluetoothトランスミッターレシーバーを別途買って使ってました。

こんなふうにUSBとイヤホンジャックに挿す事で、PCとワイヤレスイヤホンをBluetooth接続できるようになるという代物です。

これはこれで、テレビをBluetooth対応したりする事も出来るので便利なんですが、
ただ、音質は微妙ですし(明らかに落ちた)、音量も落ちます。

また、使い勝手もイマイチで、だったら有線イヤホンで良くない!?状態だったりしました。

ただ、実は、このBluetoothトランスミッターを使わなくても、
Bluetoothが付いてないノートPCにBluetoothを増設(内蔵)する事が
実は自分で簡単にできちゃうんです!

スポンサーリンク

ノートPCにBluetoothを増設する方法

「え、Bluetoothを増設なんて無理でしょ?ノートPCの中に新たに機器を増設するスペースなんてないし・・」

って、思いますよね?私もそう勝手に思い込んでました。

でもですね、実は、WIFI受信機(子機)を、Bluetooth搭載の受信機に交換すれば、それがいとも簡単に可能になるんです。

これからお話しする事は、全てのノートPC可能とは言い切れないので、
お試しする場合は、あくまで自己責任でお願いします。

まず、ノートPCをひっくり返します。

で、大抵、簡単に開けられる部分があります。

こんな感じで、ネジ2本外すと、私のPC(ASUS R500A-K55A)のの場合は、ハードディスク、メモリなどが自分で交換できる状態になります。で、この右端にある奴が、実はWIFI受信機です。

この2本のコードがくっついてる奴が、WIFIを受信するための装置なんですが、
実は、このWIFI受信機ってBluetooth内蔵の奴も売ってるんです!

インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW

例えば、これは実際に私がアマゾンで買ったWIFIのデュアルバンド(2.5/5GHz)とBluetoothの両方が受信できる無線LANカードです。

価格は2000円前後で買えます。
こいつと入れ替える事で、Bluetoothも使えるようになっちゃうんです。(ただし、後述しますが、多くのPCではちょっとひと手間かけないと使えなかったりします)

実際にBluetooth付き、無線LANカードに交換してみた

アマゾンで購入すると、メール便で2日後に届きました。

で、古いのを取り外す前に、先にWIFIとBluetoothの両方が動くようにするためのドライバーをダウンロードしておく必要があります(取外っしゃうと、WIFIにつながらなくなるので、ダウンロードできなくなります)

ドライバーのダウンロード方法やWIFIの設定、および取り外し取り付け作業については
こちらの記事で超詳しく解説してますんで、こっちを参考にしてください。

ノートPCのWIFIがブチブチ切れる?内蔵LANカードを自分で交換で解決!
私がもう10年近く使っているWindows10のノートPC。 以前からよくWIFIが突然ブチブチ切れる症状に悩まされてました。 最初...

で、こんな感じにネジ取って、爪でコードの片側をピンピンと弾いて外します。

左が古い方。右が新しいBluetooth内蔵無線LANカードです。

で、私の場合、この新しい無線LANカードをそのまま差し込んだところ、

Bluetoothドライバーをインストールしたにも関わらず、通知センターにBluetoothボタンがでませんでした。設定やコントロールパネル、デバイスマネージャーなどをチェックしても、やはりBluetoothが一切出てきません(汗)。再起動してもダメでした・・

で、アマゾンのレビューに書かれていた、51PINマスクという手法を試してみる事にしました。

この無線LANカードの一番はしっこの金の金具にだけセロテープなどを貼って、
この51PINが通電しなくなるようにします。

ちなみに、LANカードの裏側にも同じようにPINが並んでるんですが、裏側は貼らなくていいです。表面の端のPINだけ、セロテープなどを小さく切って、ピンセットなどで頑張って綺麗に貼っつけます。

で、セロテープマスクした、無線LANカードをPCにセロテープが剥がれないように注意しながら差し込み、コードとネジを元通り取り付けます。

これで、もう一度、通知センターを確認したところ・・

おおー、無事Bluetooth表示が追加されてます。
さっそくワイヤレスイヤホンと接続してみたところ、うまく接続できました!

なんか接続が微妙。すぐ切れたりするって場合は、たぶん51PINマスクがうまく行ってない(剥がれたりズレたりしちゃってる)可能性が高いので、やり直してみるのが吉だと思います。

ノートPCにBluetoothを増設した使い心地、設定は?

まず、最初に出てきたBluetoothトランスミッターレシーバーとはダンチの音質の違いです。すばらしく音質が良くなりました。

また、接続も最初に設定するだけで簡単。

最初だけ、ペアリングするために、まず

設定→デバイスで、Bluetooth機器を追加を選びます。

そして、ペアリングすれば、次回からはBluetooth機器の電源を入れれば、勝手に接続してくれます。

なんといっても、良いなと感じたのは、タスクバーから簡単にスピーカー切り替えができるという部分!

タスクバーの音量ボタンを押すと、本体スピーカーとヘッドホンを選べるようになりました。
なので、Bluetoothヘッドホンを接続しっぱなしでも、スピーカーを選べば、PC本体から音が出るようになります。

しかも、音量も独立してるので、ヘッドホンは大音量、スピーカーは小音量と、別々に設定が保たれます。これはすごい便利ですね!

AKG Y100本体

ちなみに、Bluetoothイヤホンのコントローラーで音量調整や音楽のスキップもちゃんと出来ました!私のBluetoothイヤホンでは、イヤホンの音量を下げると、Windows側の音量も下がりました。

まさか、こんなに簡単に、Bluetoothの付いてない古いノートPCをBluetooth化できちゃうなんて思わなかったので、ビックリでした。

インテル デュアルバンド 高速 Wi-Fi 通信Band Wireless-802.11 AC Intel 7260 無線LANカード 7260HMW

増設(交換)は無理っぽいって時は、USB接続でBluetooth化するのもありですね。私が使ってたイヤホンジャック+USBタイプよりさらに進化してますね。


エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク