コロナワクチン後に全身に虫刺されのような発疹が出た話

スポンサーリンク

タイトルのままなのですが、

ファイザー製のコロナワクチンを打った所、
その日の夜くらいから、「あれ、なんかかゆいなぁ~」とポリポリ、肘裏や膝裏を掻いてる自分がいました。

まだ、9月で、残暑だったため、

「蚊がまだまだいるんだなぁ」と思い、蚊がいなくなるスプレーをし、ムヒを塗ってその日は就寝。

しかし、また次の日起きると、虫刺されのような後が肘裏、膝裏に増えている!蚊の音は聞いてないし、こんなに刺されるわけがない。

お見苦しくてすいません。

で、感づいたわけです。「これってファイザーのコロナワクチンの副反応なんじゃないの?」と。

で、また夜にシャワーを浴びようと服を脱ぐと、
今度は胸や腹にも、赤い発疹が・・

その後も、日に日に赤い発疹が増えていき、「すぐ治るだろう」と放置していても、一度出た赤い発疹は無くならず、むしろポツポツの数が増えていく一方(汗)。

ムヒを塗っても強力なかゆみで効かない状態に・・

というわけで、コロナワクチンの日から2週間経って、ついに皮膚科へ。

「これは、粃糠疹(ひこうしん)ですね。」との事。

原因不明の発疹で、コロナのワクチンのせいなのか、そうでないのかは断定はできないとの事でした。

自分は今まで、汗疱という皮膚がボロボロに剥ける奴には何度かなった事があるんですが、
赤い発疹が出るという症状は初めてなので、「え!?」っていう感じでした。

コロナワクチンのせいで、自分の中に眠っていた、何か悪いものが目覚めてしまったのかもしれません。

また、打ってすぐ症状がブワッと出たわけじゃないので、アナフィラキシーとは違うとの事。

「2回目のワクチン打って大丈夫なんですか?」と聞くと、
打ってOKとの事。コロナの方が命に関わるし、粃糠疹では死ぬわけじゃないから、それを天秤にかけると、コロナのワクチンを打つ方が良いとの事でした。

薬は、アレグラ系の飲み薬(かゆみを止める)と、ステロイドの塗り薬「ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルクリーム」を出してもらいました。

確かに飲み薬でかゆみは治まり、塗り薬でも色は薄くなっていってます。

ただ、相変わらず、新しい発疹は増えていて、
この時は背中にはなかったのですが、この1週間で背中にも出始めました(汗)。

ただ、ありがたい事に顔を含めた目立つ部分には出ていません。

そして3週間過ぎ。2回目のファイザー接種へ。

接種会場の医師的にも接種OKとの事で、2回目打ちました。

今後どういう症状が引き続き出るのか様子を見ていきます。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク