引越し後に1週間ちょっとで光インターネットを開通する方法

スポンサーリンク

物件探しをしていると「インターネット対応」と書かれた物件が結構出てきます。
ただ、インターネット対応と書いてあっても、すぐにネットが使えるわけじゃありません。

通常、引越し後1ヶ月から2ヶ月ほど開通まで待たされるのが普通です(汗)。

私は仕事もネットでやってますし、Huluのようなストリーミング動画も毎日見てますので、ネットに2ヶ月もつながらないとか無理です(汗)。

Wimaxのようなモバイルルーター、ポケットWiFiサービスを使うという手もありますが、
これだって、毎日動画見てたらすぐに速度制限にかかってしまいますし、
2年縛りがあるので光回線開通までのつなぎとして使えるわけじゃありません。

ただ、契約をうまくやれば、光回線でも最短1週間ちょっとで開通できる方法があります。

私の実体験も含めて、その方法を解説していきます。

スポンサーリンク

最短で開通したければ、NTTに申し込め!

最近は、光回線を契約する際、プロバイダ経由で申し込むのが主流のようです。
実際にどのプロバイダも「〇〇円キャッシュバック」みたいなキャンペーンをやってますから、そういうキャンペーンから申し込むと大幅割引で申し込めます。

しかし、実際そういうキャンペーンから申し込んだ場合、
開通までやはり2ヶ月前後待たされる事になります。

というのも、結局開通工事をやるのはNTTです。
そのNTTに別の業者を介して割引付きで申し込んでるわけですから、
もちろん後回しにされます。

だから、逆にNTTに直接申し込めば、最速最短で開通工事を受ける事が可能なのです。

私が申し込んだ時の流れ

実際に私もNTTのウェブサイトから、直接「フレッツ光ネクスト」を申込みました。

これは電話でも申し込めますし、ウェブサイトから申し込んでも、
折り返しNTTから確認の電話がかかってきます。

で、このウェブサイトで申し込む際、工事日を選ぶ事が出来ます。

私の場合、この工事日を選ぶ画面では、最短でも2週間後しか選べませんでした。
仕方なく、2週間後を選んで、契約をしたのですが、その後にかかってきた確認の電話の際に

「あの、もっと早い工事日って選べませんかね?サイトだと2週間後が最短だったんですけど、何日、何時でもいいんで、もっと早い日空いてないですかね?」

とダメもとで聞いてみました。

すると、電話の相手は工事スケジュールをチェックしてくれて、『9日後に空いてる時間がありますね』という返事を頂いたので、その日時に変更してもらいました。

なので、実際に1週間+2日で無事開通出来ました。

インターネット対応アパートでも工事費がかかる!

私もインターネット対応と書かれたアパートに引っ越しました。

一応、契約時に光回線の工事済みという事も確認しましたので、
工事費はほとんどかからないものと思っていましたが、
実際にNTTに工事を頼むと、工事費は税抜きで1万5千円かかりました。

NTTに工事を申し込んだ次の日に、
私のアパートの管理会社(ダイワ)から電話がかかってきました。

『うちの管理会社が運営する光回線がありまして、当社から申し込んで頂ければ工事費は無料です。』

「え?昨日NTTに直接もう申し込んじゃいました。ちなみにそちらから申し込むと、開通はいつになりますかね?」

『最短で1ヶ月半後となります』

「あぁ。。じゃあ結構です。このままNTTに頼みます。」

こういう会話になりました。

NTTへの直接申込は工事日前であればキャンセルできると聞いていたので、この時点でキャンセルして管理会社経由の光回線に申し込んでいれば工事費無料で光回線の開通も可能でした。

しかし、いくらなんでも1ヶ月半待ちは長すぎます。私には無理です。たとえ1万5千円払ってでも1週間ちょっとでつなぎたかったので、私は工事費を払って直接NTTと契約しました。

プロバイダは自分で選ぶ。

NTTに直接ウェブサイトから申し込む際、プロバイダパック選択画面でプロバイダも選ぶ事になります。もちろん選択しないで、自分でプロバイダを探すというのもありです。

注意点としては、これらのプロバイダパックは全部2年契約です。
割引が付いてる分、2年縛りになってます。

その事がNTTの申込画面にちゃんと明記されてないので、注意してください。

私は最初、このプロバイダパック選択画面でぷららを選んだのですが、NTTから申込確認電話がかかってきた際、この料金は2年契約かを確認した所、全て2年契約の価格で、プロバイダパックからは2年縛りのないプランは選択できないので、2年縛りではないプランを希望の場合は直接プロバイダに問い合わせて申し込んでくれとの事でした。

なので、電話で「じゃあ、プロバイダパックへの申込はやめます。あとで自分でプロバイダに直接申し込みます」と話し、NTTへの直接申込は光回線のみにしました。

最終的に私は、2年縛りがなく、
速度も安定しているインターリンクというプロバイダと契約しました。

NTTの確認電話とぷららTV勧誘に注意!

ウェブサイトから申し込んでも、NTTから申込確認電話がかかってきます。

その際、ウェブサイトでは「申し込まない」を選択した各種オプションについてもいちいち再度確認されるので、無駄なオプションに入りたくない場合はきっぱりと「それは要りません!」と言いましょう。

ただ、明細はアットビリングと呼ばれるWeb明細を選択しないと、明細発行手数料数百円を毎月徴収されますので、アットビリング(ウェブビリング)は申し込んだ方が良いです。これは後からでも変更可能です。

謎の勧誘電話ぷらら光TV

それと、NTTからの確認電話の最後にさらっと「後日ぷらら光TVのご案内の電話があると思いますので、よかったらご検討ください」と言われます。

この時は「何の事だろ!?」と思ってました。

で、実際に数日後、知らない番号から着信がありました。
私はこの時、たまたま出ませんでした。

0120 055 522 という番号でした。「ん?フリーダイヤル?なんだろ?」と思い、その番号をネットで検索してみると、このぷらら光TVの勧誘電話である事が分かりました。

どうやら、NTTに光回線を申し込むと、その時に登録した電話番号にこのぷらら光TVなるサービスへの勧誘電話がかかってくるシステムのようです。

え?それって個人情報の流用、悪用だよね?って私は思うんですが、
ぷららはNTT関連会社である事と、ちゃんと確認電話でご案内があると言ってる事から、黒ではないようです。といっても、申込に使った電話番号に別会社から勧誘電話がかかってくるって個人情報を横流ししてるわけで、グレーな事やってるなぁって思いました(汗)。

このぷらら光TVの勧誘電話は、非常にしつこく、とても失礼らしいので、しっかり迷惑番号登録(着信拒否)しておきましょう。

私もiPhoneの「この番号を拒否」に即登録。これでかかってきても着信音なりませんし、勝手に切ってくれます。

というわけで、話が少し逸れましたが、結局1週間ほどで光回線を開通したいのであれば、NTTに直接申し込むしかありません。

確かに各種キャッシュバックや割引のある業者から申し込んだ方がお得である事は間違いないでしょう。でも私にとっては、2ヶ月近く待たされる方が大きな損害なので、たとえ工事費を払っても、キャッシュバックも無くても、NTTに直接申込ました。

お金を取るか、時間を取るか、ご自身の状況に合わせてうまく選ぶと良いと思います。

NTT直接申込よりフレッツ料金が安くなり、しかも最低契約期間の縛りがない、光回線サービスとは!?開通までの期間はレンタルWifiでしのげる!

スポンサーリンク