【こじらせ国際恋愛 Vol.34】恐怖!タイ仏の恋愛成就力!!

スポンサーリンク

オーストラリアに自分探しの旅に出たこじらせフリーター男のYが、次々と現れるこじらせ女達との壮絶な国際恋愛バトルの末にまさかの人種とドタバタ国際結婚に至るまでのノンフィクション・ドキュメンタリーを綴っていく国際恋愛演義 Vol.34。(Vol.33はこちら) <Vol.1はこっち>

親友タイ女キャットから、Y氏の元カノ・チェリーが事故で病院送りになったという衝撃情報を耳にする。キャットに今すぐ会いに行くよう言われるY氏。Y氏はチェリーに連絡する事にした。。


おとといフッたばかりの女に自ら連絡する事になるとは。。とほほ。。それにしても自殺未遂とかじゃなきゃいいけど。。

とにかくまずは、チェリーのケータイに電話してみた。。

トゥルルルル、トゥルルルル、トゥルルルル。。。

うーん、やっぱフッた男の番号からかかってきても出ないよねぇ~そもそも。。

ガチャ。。ハロー。。

え、出た・・・

Y「あ、チェリー、なんかお前事故って大怪我したって聞いてさ、大丈夫か?」

C「うん。。い、今。。病院から。。帰ってきて。。うん。」

Y「とにかくさ、これからそっち行くからさ、いいか?」

C「・・・うん、分かった。待ってる。。」

明らかに憔悴してる声だった。

とにかく、チェリーのマンションに向かった。

スポンサーリンク

チェリーとの衝撃の再会

インターホンから到着した旨を伝え、
1階のロビーでチェリーを待つ事、5分。。

そこにやってきたチェリーを見て絶句した。。

彼女の口周りはガーゼで覆われていて、
手や腕には複数の血がにじむ生傷があった。

小刻みにカタカタ震え、呆然とした表情で
私の横に座った。

Y「おい、お前、大丈夫かよ。。口怪我してるのか?大丈夫か?」

C「うん。。話す事は出来るけど。。痛い。。」

口全体を覆うガーゼをめくり、口元を見ると、
唇が裂けて、口自体が思い切りひん曲がっていた。

そのせいで、ピッタリと唇を閉じる事が出来ないほどだった。

その昔、ビートたけしがバイクで事故って、
顔面がメチャクチャに曲がってしまった事があったが、
あれを彷彿とさせる崩壊ぶりだった。

美しい顔をしていたチェリーだったから、
これはさぞかし辛い事だったろうと、心中を察した。

とにかく、背中をなで、チェリーを落ち着かせて、
どうしてこうなったのか聞いた。

事の顛末

その日の朝、チェリーはエディと一緒に、
オーストラリア内にあるタイ寺院にお参りに行く所だったという。

そうタイの人は敬虔な仏教徒だから、定期的にお寺に行って、お参りするんだそうだ。

そんなお寺に向かうマイクロバスが、
交差点でタクシーと正面衝突。

その衝撃で、チェリーは顔面を前の席の背もたれに強打し、
鼻と口から大出血。。止まらない血で、服を真っ赤に染めながら、
そのまま救急車で運ばれたそうだ。。

なるほど。。それでエディが私に電話かけてきたのか。。
エディの方は怪我もなく無事だったらしい。

エディは私が出なかったので、クラス中の仲間に電話したのかもしれない。
もしくは「Y氏とすぐ連絡付きそう奴。。そうだキャットだ!」と
キャットに連絡したのかもしれない。

キャットに連絡が行った事は大正解だ。

なぜなら、キャット以外の奴から電話がかかってきても、
チェリーと別れた事に対する説教か茶化しだろうと思って出る事はなかっただろうからだ。

仮にメールで「チェリーが怪我をした」とか連絡があったとしても、
「あ、そう。でももう別れたから。。」で終わりだっただろう。

キャットからの説得がなかったら絶対に会っていなかった。
まるで神が全て仕組んだかの如くのファインプレーだ。。

チェリーはこれにて帰国!?

マンションのロビーで話していると、
同じマンションに住むチェリーの友達も通りがかりに声をかけ、
一緒に慰めてくれた。

震えが止まり、チェリーに少しずつ笑顔が戻ってきて、少し安心した。

チェリーに聞いた

Y「これからどうするんだ。その大怪我だと国に帰るんだろ?ご両親も心配してるだろうし。。」

C「うーん、それも考えているけど。。逆に親にこの姿を見せると、心配させる事になるから、大事にせず、こっちに居続けようと思ってる。」

チェリーは口がひん曲がるほどの大怪我をしているのだが、
それでもこちらで療養しつつ、勉強を続けるらしい。。

Y「そっか。。明日も顔出すよ。ゆっくり休めよ。」

C「うん。。」

チェリーと別れ、家路に着いた。

私はこれまで神など信じてこなかった。
運命?奇跡?あほかと思っていた。

しかし、フッた男の事は忘れようと、気を取り直して仏にお参りに行く途中で事故って、元彼と2日で再会って、偶然にしては都合が良すぎないか?いやまだ、よりを戻すとは決まったわけではないのだが。。

タイの仏様の恋愛成就力は強力らしい。。。
(恋愛に悩んでる方、怪我してでも恋人が欲しいならタイ寺院へお参りを。。)

いや、誰か黒魔術使った?

私は思った。「俺はこの女から逃れられない運命なのかもしれない。。。」と。。

次回、電話に出ない天然メガネ女にY氏が激怒!?
それは天然ではなく意図的なやり口だった!?
どいつもこいつも魔性だらけのVol.35に続くッッ!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク