【こじらせ国際恋愛 Vol.15】5人彼女います!!

スポンサーリンク

オーストラリアに自分探しの旅に出たこじらせフリーター男のYが、次々と現れるこじらせ女達との壮絶な国際恋愛バトルの末にまさかの人種とドタバタ国際結婚に至るまでのノンフィクション・ドキュメンタリーを綴っていく国際婚活物語 Vol.15。(Vol.14はこちら)

パラッパラッパーS男の誘いで、新しい学校に転校したY氏。
そこは中東系アジア人(特にタイ人)だらけで、まさに未知との遭遇だった。
ここまで散々フラれっぱなしだったY氏に春は来るのか?


新しい学校でのクラス初日。
先生に促され、自己紹介をする私。

ヒューヒュー!イエィイエィ!フォーフォー!と
HGなみにテンションが高いクラスメイト達(爆)。

私への質問タイムとなり、
いきなり、向かいのキティちゃんの刺繍入りの
おしゃれな服を着たタイ人の女の子が手を上げて大きな声でこう聞いた。

「彼女はいるんですか?」

いきなりド直球来たよ、おい(爆)。

クラスでの最初の質問がそれかよッッ!!!恥ずかしいじゃねぇかぁ!!

質問にひときわフォーフォー盛り上がるクラス。。

そして私は言った。

「はい、中国人の彼女がいます!(キリッ!)」

オォ~~。どよめくクラスメイト達。

いや、いませんよ。先日ドタキャンする変な女にフラれたばかりですよ実際は。

でもね、なんかもうこの時は、恋愛もう疲れたって感じだったから、
あえて「彼女いますから変に恋愛モードで探り合うのやめましょ!」って気持ちで
彼女いますって事にしといた。

それが後で意外な方向に行くんだけど。。

それにしても、面白いクラスだ。トルコ系やインド系の濃ゆい顔の人達もいれば、
同じタイ人でも白い肌の人とサモア系の黒い肌の人達がいて、
先生はイケメンオーストラリアガイで、

いかにも海外って感じがする。

クラスにオネェがいた。。。

さらに私は新しい世界の扉を開け始めていた。。

なんと同じクラスにゲイがいるのである!

見た目やヘアースタイルは普通に男なのだが、
小指を立てながら、お尻をフリフリ歩くタイ男がいて、
本当にこれは衝撃だった。

授業中も、突然向かいのビルにいるイケメン男性達に、
窓から手を振って、ウィンクや投げキッスをしたりと、

漫画に出てくるゲイそのまんまの奴だった。。

「あら~あんたカワイイわねぇ~」と
さっそくからかわれる私。。。

私はどうやら天外魔境に来てしまったらしい。。

巨乳姉のダイナマイト

休み時間になると、クラスの男子達が
一緒に話してくれた。持ってる1本のバナナを
わざわざ半分に分けて、私にくれた。

タイ人とかインドネシア人とかって、なんでも分けてくれる。

我々の向かいに巨乳でハリウッドスター並のボン・キュッ・ボンなタイ人お姉さんが
座ってきて、会話に混じってきた。(はい、私の視線は、その谷間に終始釘付けでしたよ。。)

ダイナマイトボディ、ハリウッド女優、巨乳イラスト、ナイスボディ、セクシー

イケメンタイ人君「Y氏は中国人の彼女がいるのか~」

Y氏「君はどう、彼女とかいる~?」

ハリウッド姉「アハハ!こいつにはね~、5人の彼女がいるのよ。」

Y氏「5、5人。君すごいモテるんだねぇ。。」

というと、

姉さんは、手を私の前にかざした。

そして、指を一本ずつ折り曲げ、1.2.3.4.5とカウントする。

そして、ちょっと筒状にしたグーを見せると、

その手を上下に動かしだした。

「は?!」

右手が恋人。ナイスバディ。ナイスボディ。シモネタ。水を吹き出すイラスト

そう、5人の彼女とは、右手が彼女という事らしい(爆:いや私は左手派w)。

とんでもない下ネタをいきなりボディブローしてくるハリウッド姉さん。
あんたボディもダイナマイトだが、発言もダイナマイト過ぎるよ。。

と、思ってたんだけど、後日、
このダイナマイト女は人生史上
もっとも衝撃的なダイナマイトを私にお見舞いする事になる。。
そして新たな女も次々登場だ!続きはVol.16で!

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク